ニュースのニュース一覧

子どもの安全意識向上を 横断用の黄旗寄贈

春の全国交通安全運動(6~15日)に合わせ、あいおいニッセイ同和損害保険㈱和歌山支店(和歌山県和歌山市三木町中ノ丁、藤本昭人支店長)は7日、県交通安全協会和歌山東支部に横断用の黄旗200本を寄贈した。 黄旗は毎年、交通安 […]

続きを読む>>


春季高校野球が中止 夏のシード校は議論へ

和歌山県高校野球連盟は7日、18日に開幕予定だった春季県大会を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、選手やチーム関係者などの安全を最優先し決定した。 春季大会の中止は記録がある1948年以降で初めて。県 […]

続きを読む>>


4月9日付

◆県が外出自粛など呼び掛け 緊急事態宣言で ◆和歌山市立学校も休校 幼稚園や学童は実施 ◆最新情報を把握せず 和歌山市のコロナ会見 ◆コロナでも晴れやかに入学式 和歌山市立中 ◆子どもの安全意識向上を 横断用の黄旗寄贈 […]

続きを読む>>


県立学校12日まで休校 時差通学など県が方針

和歌山県は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、県立学校を今月12日まで一斉休校すると発表した。市町村や私立学校に対しても同様の措置を要請している。13日以降については感染状況などを踏まえ判断する。仁坂吉伸知 […]

続きを読む>>


県にマスク5000枚寄贈 山東省の国有企業

和歌山県と友好提携している中国・山東省の国有企業、山東省港口集団有限公司は2日、新型コロナウイルス感染症対策の支援物資として、県にマスク5000枚を寄贈した。県の対策本部から、不足している医療機関などに配布する。 同社は […]

続きを読む>>


現金給付で地元消費促す スズキモーター和歌山

新型コロナウイルスの影響で落ち込む地域経済の回復の一助にしようと、㈱スズキモーター和歌山(和歌山県和歌山市狐島、中谷久生代表取締役)は、従業員とその家族に1人当たり1万円を支給し、地元での消費を促す取り組みを行う。 感染 […]

続きを読む>>


廃材で環境に優しく カフェ風車リニューアル

6月30日で開店から20年となる和歌山県紀の川市平野のファーマーズマーケット「紀ノ川ふうの丘」。併設するオープンカフェ「風車」がこのほど、廃材を外壁に使用してリニューアルオープンした。 カフェはこれまで障害者の雇用の場と […]

続きを読む>>


紅花のトキワマンサク 玉津島神社で鮮やかに

和歌山県和歌山市和歌浦中の玉津島神社境内で、ベニバナトキワマンサクが見頃を迎えている。 山部赤人の万葉歌碑のそばに咲き誇る。鮮やかな赤紫色で、花びらは細長いリボンのような形をしている。樹全体を覆うようにして咲く姿は見応え […]

続きを読む>>


副院長に伊良波氏 日赤和歌山医療センター

日本赤十字社和歌山医療センター(和歌山県和歌山市小松原通)の副院長に、同センター麻酔科部長の伊良波浩氏(61)が昇任した。 伊良波氏は1983年に県立医大医学部を卒業。同年4月に同大付属病院へ。2000年9月に同センター […]

続きを読む>>


4月8日付

◆県立学校12日まで休校 時差通学など県が方針 ◆県にマスク5000枚寄贈 山東省の国有企業 ◆現金給付で地元消費促す スズキモーター和歌山 ◆廃材で環境に優しく カフェ風車リニューアル ◆紅花のトキワマンサク 玉津島神 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧