ニュースのニュース一覧

地域の活気支え57年 海南市民会館が閉館へ

和歌山県海南市日方の市民会館・中央公民館が、29日に57年の歴史に幕を下ろす。1963年の開館後、さまざまな芸術・文化発表の場として親しまれ、サークルや教室、成人式や結婚式などが行われてきた。多くの人が集い、地域の活動を […]

続きを読む>>


鶏の死骸処分開始 破綻の養鶏場で県が代執行

和歌山県は23日、日高川町初湯川(猪谷)地内にある有田養鶏農業協同組合(有田川町)の養鶏場で、行政代執行による鶏の死骸処分に着手した。 同組合は県産のブランド鶏肉「紀州うめどり」を育てていたが、昨年末に経営破綻。田辺市と […]

続きを読む>>


桜鯛の季節が到来 加太伝統の一本釣りに同行

和歌山県和歌山市加太の友ヶ島周辺で「桜鯛」が釣れる時期になった。加太で行われている「一本釣り漁法」はあまりに有名で、和歌山で生まれ育った私も名称ぐらいは知っている。でも実際に、この目で伝統の漁法を見てみたい――。まだ少し […]

続きを読む>>


マスク等医療品届く 中国大使館と大連市から

新型コロナウイルス対策の支援物資として、駐日中国大使館と遼寧省大連市から21日、マスクや防護服などの医療用資機材6万点以上が和歌山県に寄贈された。寄贈の内訳は、大使館から微酸性次亜塩素酸水スプレー6360本、同市から医療 […]

続きを読む>>


2月も不況型倒産主体 帝国データ県内調査

帝国データバンク和歌山支店がまとめた2月の和歌山県内の企業倒産件数(負債総額1000万円以上)は前年同月比5件増の9件、負債総額は同3億1100万円減の1億2700万円だった。 負債額は9件とも5000万円未満の小口倒産 […]

続きを読む>>


境内に春の訪れ 子安地蔵寺にXマスローズ

安産祈願のため近畿各地から多くの人が訪れる子安地蔵寺(和歌山県橋本市菖蒲谷、島田弘恭住職)では、早春に咲くクリスマスローズが楽しめる。見頃は4月上旬まで。 約20年前に植えられた1000株以上にもおよぶピンク色のクリスマ […]

続きを読む>>


3月25日付

◆地域の活気支え57年 海南市民会館が閉館へ ◆鶏の死骸処分開始 破綻の養鶏場で県が代執行 ◆桜鯛の季節が到来 加太伝統の一本釣りに同行 ◆マスク等医療品届く 中国大使館と大連市 ◆2月も不況型倒産主体 帝国データ県内調 […]

続きを読む>>


捜査は相手目線で 警察功労章に大倉警部補

本年度の全国優秀警察職員表彰(警察功労章)に、和歌山県内から和歌山北署生活安全刑事課の大倉保和警部補(56)が選ばれた。全国で96人が表彰され、県内では1969年以降で52人目。大倉警部補は「表彰は自分に関わってくれた人 […]

続きを読む>>


県の人事異動1353人 福祉や保健サービス強化

和歌山県は23日、4月1日付発令の職員の人事異動を発表した。部長級は商工観光労働部長に大山茂労働政策参事が就任するなど昇任13人を含む17人。異動規模は前年度(1318人)より35人増の1353人。2010年度以降、人事 […]

続きを読む>>


和歌山市で桜開花 平年より4日早く春到来

和歌山地方気象台は22日午後、和歌山県和歌山市で桜が開花したと発表した。平年より4日早く、昨年に比べると3日早い開花となった。 同市の紀三井寺にソメイヨシノの標本木があり、この木の花が5、6輪咲くと開花が宣言される。この […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧