ニュースのニュース一覧

6月26日付

◆110歳天寿をまっとう 県内最高齢中野さん ◆37チーム組み合わせ決定 高校野球地方大会  ◆涼求め水遊びに歓声 和歌山市で真夏日続く ◆前週比で感染増続く クラスター1件発生 ◆笑顔誘う「己書」並ぶ 釜滝薬師で作品展 […]

続きを読む>>


総電力50%再エネ化 化学メーカーのセイカ

脱炭素社会の実現に向け、政府が2050年までに温室効果ガスの排出量「実質ゼロ」を目指す中、和歌山県内の企業でも環境への負荷を低減しようと、使用電力を太陽光や風力といった「再生可能エネルギー」由来に転換する動きが加速してい […]

続きを読む>>


戦災殉難者供養塔を修繕 城善建設に感謝状

和歌山大空襲の犠牲者を慰霊し、不戦と平和の祈りを後世に伝え続けている和歌山市西汀丁の戦災殉難者供養塔を、城善建設㈱(同市十一番丁、依岡善明代表取締役)が修繕した。市戦災遺族会(田中誠三理事長)が大切に手入れをしているが、 […]

続きを読む>>


新規感染増の88人 クラスターは発生せず

和歌山県は23日、県内で新たに88人が新型コロナウイルスに感染し、前週の同じ木曜より35人増加したと発表した。新規クラスター(感染者集団)の発生はなかった。 88人の保健所管内別内訳は、和歌山市40人、海南3人、岩出6人 […]

続きを読む>>


ウクライナ知ろう 和大付小と大使館が交流

和歌山市吹上の和歌山大学付属小学校の6年生92人は23日、駐日ウクライナ大使館とオンラインで交流し、同国の歴史や伝統文化を学んだ。 交流会は、ロシアのウクライナ侵攻をニュースで知った当時の5年生児童が3月中旬に在校生や教 […]

続きを読む>>


季節感じる水墨画と写真 マニエールで展示

和歌山市の水墨画家・佐々本友子さんと紀の川市の写真愛好家・植野幸子さんによる「二人展」が7月1日から31日まで、和歌山市禰宜のケーキサロン・マニエールで開かれる。 佐々本さんは水墨画歴41年。画号を友朋(ゆうほう)とし、 […]

続きを読む>>


6月25日付

◆総電力50%再エネ化 化学メーカーのセイカ ◆戦災殉難者供養塔を修繕 城善建設に感謝状 ◆新規感染増の88人 クラスターは発生せず ◆ウクライナ知ろう 和大付小と大使館が交流 ◆季節感じる水墨画と写真 マニエールで展示

続きを読む>>


磯の浦で華麗な技 サーフィン連盟支部大会

西日本有数の良質のサーフポイント、和歌山市の磯の浦海水浴場で19日、「日本サーフィン連盟(NSA)和歌山支部予選大会」が開かれ、参加した県内の支部メンバー約40人が波乗りのテクニックを競い合った。「ロングボードメン」や「 […]

続きを読む>>


ホーム2000人集客へ アルテリーヴォ

関西サッカーリーグ1部のアルテリーヴォ和歌山は、7月10日に和歌山市毛見の県営紀三井寺公園陸上競技場で行われるナイター試合に2000人の観客を動員しようと計画。6月20日には県庁前で、ユニホーム姿の選手とスタッフ約20人 […]

続きを読む>>


全員入院には戻さず 自宅待機者減で知事

和歌山県内の新型コロナウイルスの感染状況で、入院せず自宅などで待機している人数がコロナ対応病床数を下回っている現状について、仁坂吉伸知事は23日の定例記者会見で、以前の全員入院の対応に戻すことはせず、現状の対応を続ける考 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧