ニュースのニュース一覧

3年ぶり減の1503億円、和歌山市20年度予算案

和歌山県和歌山市は12日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比4・1%減の1503億1430万円で過去最大だった19年度を下回り、3年ぶりの減少。特別会計と公営企業会計を含めた総額は2・1%減の2893億 […]

続きを読む>>


地蔵の辻の早咲き桜満開 春の足音にメジロ導かれ

和歌山県和歌山市中之島の国道24号沿い、地蔵の辻交差点近くの早咲きの桜が満開を迎えている。 カンヒザクラの雑種とみられ、1本だけ例年2月末ごろに満開となるが、暖冬のことしはさらに半月ほど早い。 花の蜜を吸いに、県の鳥であ […]

続きを読む>>


和歌山市議会2月定例会 19日から3月24日まで

和歌山市議会運営委員会は12日、2月定例会の日程を19日開会、3月24日閉会の35日間と決めた。一般質問は3~6、9、10日、常任委員会は2月25、26日、3月11~13、16~19日に行う。 市当局の提出予定案件は、2 […]

続きを読む>>


2月13日付

◆3年ぶり減の1503億円、和歌山市20年度予算案 ◆地蔵の辻の早咲き桜満開 春の足音にメジロ導かれ ◆和歌山市議会2月定例会 19日から3月24日まで

続きを読む>>


和歌祭400年に向け 実行委・奉賛会が発足

紀州東照宮(和歌山県和歌山市和歌浦西、西川秀紀宮司)が2021年に創建400年、そして例祭「和歌祭」が22年に400年を迎えるにあたり、「和歌祭四百式年大祭実行委員会」と奉賛会が発足した。9日に東照宮会館で発足式が行われ […]

続きを読む>>


和歌浦が和歌山に ジャズマラソン名称変更

「和歌浦ベイマラソンwithジャズ」のことしの第1回実行委員会が10日、和歌山県和歌山市役所で開かれ、大会の名称を「和歌山ジャズマラソン」に変更することが承認された。また、ハーフ部門のコースが大きく変更となることも決まっ […]

続きを読む>>


つながる命に感謝 刀禰知美さん新アルバム

和歌山県和歌山市のシンガー・ソングライター、刀禰知美さんが5日、8年ぶりとなる2枚目のアルバム『ありがとう』をリリースした。母になった刀禰さんが家族や友人、周囲への感謝を込め、現在のシンプルな思いを題名にした。刀禰さんは […]

続きを読む>>


総文の知名度アップへ 高校生が企画委員会

2021年に和歌山県内で開かれる全国高校総合文化祭(紀の国わかやま総文2021)の生徒企画委員会が9日、和歌山市小松原通の県民文化会館で開かれた。5回目となる会合では、部会の会議とともに各部門と企画委員会をまとめる生徒実 […]

続きを読む>>


5万本に感謝込め 加太の淡嶋神社で針祭り

古い針を供養して裁縫の上達を祈願する「針祭り」が8日、和歌山県和歌山市加太の淡嶋神社(前田智子宮司)で行われた。 同神社の祭神である少彦名命(すくなひこなのみこと)は裁縫の技術を人に授けたとされ、神からの授かり物の針を返 […]

続きを読む>>


いぐっちゃん講演も 伊太祁曽神社で紀元祭

伊太祁曽神社(和歌山県和歌山市伊太祈曽)で11日、「紀元祭」と講演会が催される。 日本の建国を祝う紀元祭は午前10時から。終了後、本紙「和歌山弁講座そらそうと」でもおなじみ、グラフィックデザイナーで和歌山弁研究家の井口博 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧