ニュースのニュース一覧

ヨット競技の迫力描く 高校総体ポスター原画表彰

2024年度全国高校総合体育大会ヨット競技大会のポスター原画の表彰式が11日、和歌山市六十谷の市立和歌山高校(竹内伸之校長)であり、ともに同校デザイン表現科3年生の段ゆりかさんが最優秀賞、西岡南智さんが優秀賞に輝いた。 […]

続きを読む>>


小中学生が描く県の未来 作文事業の協賛企業募る

和歌山県は、2040年ごろを展望した新たな総合計画の策定に向け、小学校高学年と中学生を対象に7月から作文を募集するにあたり、入賞者への記念品贈呈の資金を協賛する企業・団体を6月30日まで募集している。 県企画課によると、 […]

続きを読む>>


6月14日付

◆紀泉ふるさと創研 和歌山市都市再生推進法人に ◆「みんなが違う」に理解を 人形劇オレンジキッズ ◆台湾地震の復興へ 和歌山市友好議連が義援金 ◆庄田さんら功労者表彰 県観光連盟が24年度総会 ◆ヨット競技の迫力描く 高 […]

続きを読む>>


家庭廃油で燃料精製 県が回収実証へ協定

和歌山県は11日、天ぷら油など家庭の廃食用油を回収し、CO2削減効果の高い燃料などに利活用する仕組みの構築に向け、7月から開始する回収の実証事業に協力する植田油脂㈱(大阪府大東市)と連携協定を締結した。 石油元売り最大手 […]

続きを読む>>


県議会議長に鈴木太雄氏 副議長は堀氏

和歌山県議会は12日、正副議長選を行い、新議長に鈴木太雄氏(53)=自民党県議団、田辺市選出=、副議長に堀龍雄氏(73)=同、伊都郡選出=が就任した。 同日の本会議で投票があり、投票総数41票のうち、鈴木氏は39票を獲得 […]

続きを読む>>


五島選手が個人V 全国大学・実業団相撲大会

「第60回記念全国選抜大学・実業団対抗相撲和歌山大会」(和歌山県相撲連盟主催)が、和歌山市有田屋町の県営相撲競技場であり、個人戦では、箕島高校出身の五島雅治選手(拓殖大学4年)が3回目の出場で初優勝。団体戦では和歌山県庁 […]

続きを読む>>


聴覚障害者名乗る外国人 日本国旗を売る事例

聴覚障害があるという外国籍らしき人物から、寄付名目で日本国旗の購入を求められるといった事例が、今月に入り和歌山県内で発生している。 県警によると、12日までに同様の事例に関する相談が和歌山市内の所轄署を含めて2件あった。 […]

続きを読む>>


37年分の出会い宝に閉店へ ケーキ店ひいらぎ

和歌山市毛見のケーキ店「ケーキハウスひいらぎ」が、11月28日に閉店することを決めた。店主の濃添嘉一(のぞえよしかず)さん(65)は「今やらなければならない整理などがあり、一度区切りをつけるための閉店です。また何かの形で […]

続きを読む>>


一体となり放つ輝き 煌陽会が書の作品展

和歌山市園部の書道教室「煌陽会」(こうようかい、田端弓燿主宰)の第9回書作展「煌きを放て 光の書展」が10日、同市七番丁の和歌山城ホール3階多目的室で始まった。18日まで。 同会は1995年の発足時から練習に使った用紙を […]

続きを読む>>


6月13日付

◆家庭廃油で燃料精製 県が回収実証へ協定 ◆県議会議長に鈴木太雄氏 副議長は堀氏 ◆五島選手が個人V 全国大学・実業団相撲大会 ◆聴覚障害者名乗る外国人 日本国旗を売る事例 ◆37年分の出会い宝に閉店へ ケーキ店ひいらぎ […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧