ニュースのニュース一覧

強い団結で60周年 和歌山市障害児者父母の会

和歌山市障害児者父母の会(岩橋正悟会長)の結成60周年記念式典・祝賀会が9日、同市のホテルアバローム紀の国で開かれ、350人が出席。これまでの歩みを振り返りながら節目を祝った。 同会は1964年に親亡き後の子の行く末を考 […]

続きを読む>>


ことしも幻想的に 鞆渕地区でホタル見頃

紀北でも有数のホタル観賞スポット、紀の川市の鞆渕地区では幻想的な光が見頃のピークを迎えている。 昨年6月、県内を襲った大雨は同地区でも真国川を氾濫させ、大きな被害をもたらした。ホタルの餌になるカワニナなども多くが押し流さ […]

続きを読む>>


飼料高対策など補正案 6月県議会が開会

和歌山県議会6月定例会が11日に開会し、県当局は総額4億5516万8000円を増額する2024年度一般会計補正予算案を含む議案18件などを提出した。 今回の補正予算案では、飼料価格高騰の対策として、畜産農家や養殖事業者へ […]

続きを読む>>


正副議長に丹羽・園内氏 和歌山市議会開会

和歌山市議会は11日、6月定例会初日に正副議長選挙を行い、新議長に丹羽直子氏(51)=創和クラブ=、新副議長に園内浩樹氏(63)=公明党議員団=をいずれも全市議38人の満票で選出した。 丹羽議長は2011年4月の市議選で […]

続きを読む>>


防災の最先端を紹介 和歌山JCがEXPO

防災のさまざまな分野の最先端技術を知ってもらおうと、一般社団法人和歌山青年会議所(和歌山JC)は7月13日、和歌山市西浜の松下体育館で「わかやま防災EXPO2024~防災×最先端~」を開く。多くの市民を参加対象として年に […]

続きを読む>>


若者も保険に興味を 大樹生命の執行役員来社

大樹生命㈱の佐藤岳央取締役執行役員と和歌山支社の山本栄一郎支社長が7日、和歌山市福町の㈱和歌山新報社を訪問し、津村周社長に注力する保険や必要性などを紹介した。 同支社は85年目を迎え、営業職など約100人で約1万2000 […]

続きを読む>>


6月12日付

◆強い団結で60周年 和歌山市障害児者父母の会 ◆飼料高対策など補正案 6月県議会が開会 ◆正副議長に丹羽・園内氏 和歌山市議会開会 ◆防災の最先端を紹介 和歌山JCがEXPO ◆ことしも幻想的に 鞆渕地区でホタル見頃 […]

続きを読む>>


「手話は言語」広めよう 全国ろうあ者大会

聴覚障害者の社会的地位や福祉の向上を目指す「第72回全国ろうあ者大会」(全日本ろうあ連盟主催)が、6日から9日にかけて和歌山市で開かれ、全国から聴覚障害者や手話関係者ら約2500人が参加。仲間との再会を喜び合い、社会に手 […]

続きを読む>>


国土強靭化の新計画を 県が国に要望

岸本周平和歌山県知事は6日、2027年度予算に関する国への要望活動を東京で行った。10日の定例記者会見では、特に重要な要望として、27年度で終了する「防災・減災、国土強靭化のための5か年加速化対策」に続く国土強靭化の新た […]

続きを読む>>


五代目乙姫に崎濱さん 紀三井寺龍灯献上行脚

龍宮から乙姫が龍灯を携えて訪れたという紀三井寺(和歌山市)の伝説を再現する「龍宮乙姫龍灯献上行脚」が8月9日午後8時から行われる。オーディションで五代目乙姫役に選ばれた会社員の崎濱菜花さん(25)=同市=と、乙姫と共に行 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧