わかやま新報は、和歌山市を中心とする和歌山県北部唯一の日刊新聞です。
f_ss_nikai.jpg 二階 俊博
f_ss_nishi.jpg 西 博義
f_ss_ishida.jpg 石田 真敏
f_ss_tsuruho.jpg 鶴保 庸介
f_ss_sekou.jpg 世耕 弘成
f_ss_ooe.jpg 大江 康弘
f_ss_kishimoto.jpg 岸本 周平
f_ss_sakaguchi.jpg 阪口 直人
f_ss_tamaki.jpg 玉置 公良
サイト内を検索


5_5.gif
<<メイン>>
2003年06月17日

ganba_title.jpg
地域おこしの知恵必要 アイデア出し合い、実現を
5_5.gif ■2003谷本龍哉

 「和歌山再生の知恵」
 国や地方がこれだけ多くの借金を抱えた状態では、かつてのように税金をたくさん使って公共事業で地域おこしをするという発想は通用しない。当然、必要な所には税金を使うが、同時に税金を使わない地域おこしの知恵も必要である。人が集まり、物が動き、お金が動くためにはどうすればいいか。みんなでアイデアを出し合い、その実現のための協力体制を作らなければならない。
 「和歌山ラーメン横丁」を作ろう!
 例えば、これだけ有名になった「和歌山ラーメン」。ブランド化され、全国のコンビニでも売られている。しかし、和歌山自体がこの商品をうまく生かしきっているとは思えない。横浜には「新横浜ラーメン博物館」があるが、和歌山にはラーメン屋さんが集まっている場所がない。そこで、どこかの商店街の一角に十店舗くらいラーメン用の店舗を並べて「和歌山ラーメン横丁」をつくり、和歌山で有名なラーメン店に支店を出してもらう。そうすれば関西中からたくさんのお客さんが集まってくることは間違いない。
 毎日の売り上げた杯数を店別に表示して競争するような企画をしてもいい。そしてラーメン横丁でラーメンを食べた客は、今度は本店の場所を探して食べに行きたくなる。それが人間の心理。和歌山に人を呼び込む大きな戦力になるはずだ。
 けやき大通りで歩行者天国を!
 小さな子どもを持つ親の実感として、和歌山には週末に子どもを連れて出かけられる場所がとても少ない。そこで一つの提案は、日曜日だけでも「けやき大通り」を歩行者天国にして、フリーマーケット・バンド演奏・大道芸・朝市などに開放してはどうだろうか。
 毎週日曜日に「祭り」があるという感覚である。特に、新鮮な農産物や魚介類を売るような朝市を開催すれば、県外からの誘客もかなり期待できるのではないだろうか。
 周辺の商店街の協力、農協や漁協の協力、警察と行政の協力などが必要であるが、週に一度、賑やかに人が集まる場所を、あまりお金をかけずに作り出すことができるのではないかと思う。
 ここに挙げたのはほんの一例であるが、まだまだアイデアはたくさんあるはずである。「誰か何とかしてくれないかな」という精神ではなく、「自分が何とかしよう。みんなで何とかしよう」という気持ちが大切だと思う。
 もちろん、私も政治家としての仕事から逃げるわけではない。税金を国から取ってくることだけが政治家の仕事ではない。いろいろなアイデアを実現させるために、協力体制をつくるお手伝いをしたり、関係者を説得するのも政治家の仕事である。「和歌山再生」のため知恵がたくさん出てくることを期待している。


(2003谷本龍哉)
5_5.gif


5_5.gif

この記事と関連がありそうな過去の記事

powered by weblio