わかやま新報は、和歌山市を中心とする和歌山県北部唯一の日刊新聞です。
f_ss_nikai.jpg 二階 俊博
f_ss_nishi.jpg 西 博義
f_ss_ishida.jpg 石田 真敏
f_ss_tsuruho.jpg 鶴保 庸介
f_ss_sekou.jpg 世耕 弘成
f_ss_ooe.jpg 大江 康弘
f_ss_kishimoto.jpg 岸本 周平
f_ss_sakaguchi.jpg 阪口 直人
f_ss_tamaki.jpg 玉置 公良
サイト内を検索


5_5.gif
<<メイン>>
2007年04月17日

ganba_title.jpg
心を励ますことの大切さ実感 安倍総理と能登半島地震現地を視察
5_5.gif ■2007谷本龍哉

 国民投票法案の衆議院採決が行われた4月13日、 安倍総理の能登半島地震現地視察に防災担当として同行した。 防衛省の市ケ谷ヘリポートから、 CH―47ヘリコプターで航空自衛隊入間基地まで飛び、 そこで総理と合流してC―1輸送機で能登空港まで飛び、 そこからさらにヘリコプターで輪島分屯基地まで移動した。 東京から被災地である輪島市まで、 約2時間で到着した。 昨年の11月に大臣政務官になって以来、 大規模な災害は能登半島地震が初めてである。
 地震が発生した3月25日は日曜日で、 私は地元和歌山で仕事をしていた。 しかし、 防災担当は震度6弱以上の地震が起こった場合、 ただちに総理官邸の地下にある 「危機管理センター」 に集まらなければならない。 この日も午前10時前に第一報が入り、 その後の日程はすべてキャンセルして伊丹空港へ直行し、 11時30分の飛行機に飛び乗った。 そして午後1時には総理官邸に入ることができた。 危機管理センターでは、 映像を含むあらゆる情報を収集し、その分析と対応策の決定が行われる。 阪神大震災当時の対応の遅れに対する反省から、 現在では情報の集中と迅速対応の体制が組まれているのである。 地震発生以来、防災担当の大臣と副大臣は現地に入ったが、 私は東京での対応ばかりで現地に入れていなかった。 今回の総理同行が初めての被災地入りとなった。
 国民投票法案の採決という国会対応があったため、 輪島市での視察は3時間という限られたものになったが、 市役所、 被災現場、 避難所などを順次訪問することができた。 雨にもかかわらず、 行く先々には、 たくさんの人々が集まっていた。 その1人ひとりと握手をしている総理の姿を見ながら、 被災者の方々の要望を聞くだけではなく、 同時に人々の心を励ますということの大切さを実感した。
 ただ、 今回の視察でひとつだけ残念なことがあった。 それは、 視察の最後のインタビュー取材の時、 代表質問者が地震災害とは関係のない 「国民投票法案」 や 「公務員制度改革」 の質問を総理にした。 もちろん、 マスコミにとっては総理のコメントをとる貴重な機会であるし、 政府側も質問を許可したのだと思う。 しかし、 私の周りにいた地元の方々からは、 「なぜこの被災地でそんなことを訊くのか」 「我々のことはどうでもいいのか」 という声があがった。 最後にひとつ、 汚点を残したようで残念でならない。


(2007谷本龍哉)
5_5.gif


5_5.gif

この記事と関連がありそうな過去の記事

powered by weblio