わかやま新報は、和歌山市を中心とする和歌山県北部唯一の日刊新聞です。
f_ss_nikai.jpg 二階 俊博
f_ss_nishi.jpg 西 博義
f_ss_ishida.jpg 石田 真敏
f_ss_tsuruho.jpg 鶴保 庸介
f_ss_sekou.jpg 世耕 弘成
f_ss_ooe.jpg 大江 康弘
f_ss_kishimoto.jpg 岸本 周平
f_ss_sakaguchi.jpg 阪口 直人
f_ss_tamaki.jpg 玉置 公良
サイト内を検索


5_5.gif
<<メイン>>
2007年08月21日

ganba_title.jpg
生活実感の出る政策を 国民の本音を聞き安倍内閣再スタート
5_5.gif ■2007世耕弘成

 去る7月29日投開票の参議院選挙において3期目の当選を果たさせていただいた。 ただし大逆風の非常に厳しい選挙で、 選挙戦を通じて聞かせていただいた有権者の安倍内閣に対する声には、 頑張れと言う声もあった一方で、 痛烈な批判も少なくなかった。
 マスコミ等でこの逆風の原因と言われた年金記録の事務処理問題や閣僚の事務所費問題はもちろん重大な問題で、 全国的に選挙結果に大きく影響した。 しかし、 それ以上に深刻なのは、 厳しい状況にある和歌山のような地方経済に対する処方箋をきちんと示せていないことに対して、 有権者がいらだちを感じているということであった。
 このような地方の有権者の声を政権中枢に伝えることこそが、 全国的に自民党が大敗するという厳しい状況の中、 和歌山でしっかりとした成績で当選させてもらった私の責務だと考えている。 選挙後、 上京して首相補佐官としての仕事を再開した私は、 早速安倍総理と膝詰めで話をさせてもらい、 選挙戦での有権者の反応や今回の選挙の反省点等をつぶさに報告させてもらった。 特に私が強調させてもらったのは 「改革を止めてはだめだが、 一方で生活実感の出る政策を前面に出さなければならない」 ということである。
 実は安倍内閣は 「成長力底上げ戦略」 や 「頑張る地方応援プログラム」 といった、 地方での生活に焦点を当てた政策をいくつも打ち出してきている。 成長力底上げ戦略では地方の中小企業をテコ入れして、 そこで働く人たちの賃金を上げていく処方箋を示したし、 頑張る地方応援プログラムでは、 やる気とアイデアのある自治体に対して、 国を挙げて資金面で支援するということを決めている。 今後はこういった政策をもっと強調していかなければならない。
 また、 生活実感の出る政策を打ち出していくためには、 まず国民の悲痛な声に真剣に耳を傾けるということが重要である。 上意下達式の政策決定では国民のハートは打たない。 国民の声を聞いた上で打ち出す政策でなくてはならない。 不幸なことに安倍内閣発足当初に前政権のタウンミーティングにおけるやらせ問題が発覚し、 その対処に追われ、 国民の声を直接吸い上げる仕組みが一定期間麻痺した状態が続いた。 私を中心に徹底的な問題点の分析を行い、 新たに 「政策ライブトーク」 という形で安倍政権の広聴機能を再立ち上げしているので、 今後は積極的に国民の声を聞かせてもらうことから内閣を再スタートさせていくことが重要だ。 成功事例だけの視察や大名行列のような視察はだめだ。 シャッター通り商店街や限界集落といった厳しい現場をあえて視察し、 少人数で率直に話ができる雰囲気の中で、 本音を聞かせてもらうようなものでなくてはだめだろう。
 間もなく内閣改造と臨時国会の召集が行われる。 改造人事について私は口を挟むような立場にはないが、 その後の記者会見や臨時国会での所信表明演説では、 安倍内閣の姿勢が変わったということを国民の皆さんにわかってもらえるような内容になるように、 総理に対して積極的に進言していきたい。


(2007世耕弘成)
5_5.gif


5_5.gif

この記事と関連がありそうな過去の記事

powered by weblio