英訳bm_trans.gif 

2011年05月16日

00.社会

和歌祭にぎわう 初夏の和歌浦時代絵巻

108段の階段を下りる神輿(紀州東照宮で)

108段の階段を下りる神輿(紀州東照宮で)

約400年の伝統を誇る紀州東照宮の例大祭 「和歌祭」 が15日、 同神社と和歌浦周辺で行われた。 最初の見せ場 「神輿(みこし)おろし」 では、 男衆が108段の階段を神輿を担いで下り、 鎮守の森に 「チョーサー」 という威勢の良い掛け声が響いた。

神輿や、 それに従う各集団が片男波の御旅所(おたびしょ)を通り神社まで戻ってくる 「行列渡御」 は、 沿道の多くの観客に見守られ、 約4キロのコースを3時間半かけて練り歩いた。 子供連尺や舞姫、 面被(百面)など華やかな時代衣装に身をまとった900人が演舞を披露すると、 カメラマンたちはベストショットを狙ってシャッターを切っていた。

和歌祭は、 初代紀州藩主徳川頼宣が父・家康の霊を慰めるため1622年に始められた。





この記事と関連がありそうな過去の記事

powered by weblio







cypress.gif