英訳bm_trans.gif 

2011年06月27日

03.スポーツ

A級は雑賀が8年ぶりV 和歌山市学童野球

和歌山市軟式野球連盟学童部選手権大会兼第19回きのくに信用金庫杯争奪野球大会

6回、1死2、3塁から中前適時打で終止符を打った矢川

第42回和歌山市軟式野球連盟学童部選手権大会兼第19回きのくに信用金庫杯争奪野球大会の決勝が26日、 市民球場などで行われ、A級は雑賀が中之島を8―1、B級は西脇が楠見を4―1、C級は直川が紀伊を11―5で下し、それぞれ優勝した。A級の雑賀と中之島は7月16、17の両日、同球場を主会場に開催される県大会に出場。同3位の楠見と野崎西は8月6、7の両日に開かれる第5回ナガセケンコー旗大会に出場する。B級の西脇、C級の直川は8月27、28の両日、粉河若者広場で開かれるマクドナルドトーナメントに出場する。しんぽう写真館はこちらから
◇A級
中之島
0001001
1203118
雑賀
(6回コールド)

雑賀は初回、1死から大仲が左中間に2塁打を放ち、進塁打で3塁へ進むと、続く矢川の打球が内野手の悪送球を誘い先制した。2回には、四球と失策に盗塁を絡めて無死2、3塁と攻め、迎える真野がスクイズをきっちり決めて追加点。さらに吉田が右前に運び1点を加えた。勢いづく雑賀は4回にも3点を奪い、6回には1死2、3塁から矢川の適時打でコールド勝ちを決め8年ぶり7回目の優勝を飾った。投げては先発山本が低めに集める丁寧な投球を披露。4回に3連打を浴びたが最少失点に抑え、チームを支えた。

自らのバットで試合に終止符を打った矢川は「すっきりしない当たりだったけど勝てて良かった」と笑顔。完投した山本は「打線が点を取ってくれて気持ちよく投げることができた。県大会でもコントロールに気を付け一つずつ勝ちたい」と話した。

中之島は4回に、1死から3連打で満塁の好機をつくり、谷村がスクイズを決めて1点を返した。その後も得点圏に走者を進めたが、あと1本が出なかった。

◇B級
西脇
0022004
0010001
楠見
(6回時間切れ)

西脇は3回、四球と内野安打で2死2、3塁とし、次打者吉田が中前に運んで2点を先制。1点差で迎えた4回は、和田の右越え2塁打で好機をつくり、利光のバントを捕手が悪送球。ボールが転がる間に和田が生還し、利光も一気に本塁を陥れた。投げては先発花田のコントロールが定まらず苦しい展開が続いたが、要所を締める投球で1失点。4年ぶり5回目の優勝を決めた。

先制点の吉田は「絶対にランナーを返すつもりで打席に入った。打ててよかった」とし、先発した花田は「自分らしいインコースを攻める投球ができなかった。県大会までに修正していい状態で挑みたい」と意気込んだ。

A級準決勝の結果と各チームのメバーは次の通り。

◇A級準決勝=中之島6―6楠見(中之島の抽選勝ち)▽雑賀9―1野崎西

【A級】
〔雑賀少年野球クラブ〕監督=平一宏▽主将=山本凌我▽選手=奥誠也、坂下菊穂、矢川亮、大仲海人、松田弦大、吉田龍生、真野丈瑠、水軒龍喜、辻波輝、田尻航大、阿部亘輝、橋本崇士

〔中之島少年野球クラブ〕監督=梅本佳弘▽主将=國﨑涼太▽選手=角谷颯太、戸川竜登、岡﨑平祐、牛居勇稀、谷村恭輔、神前勇希、仲流晟、北尾彰梧、竹本風雅、笠木大輔、喜多宙斗、甲斐義雄、持田大介、森田雄大、小山情司、権出英史、木下力也、岡稜馬、辻本朔太郎、辻本龍之介

【B級】
〔西脇少年野球クラブ〕監督=伊藤優二▽主将=由井野稜▽選手=出口紗希、花田大晟、吉田耕輝、藪田釆希、利光駿哉、和田陸登、亀井旺雅、増井夏竜、三原佑真、庄堂拓人、舩田瑞樹

〔楠見野球スポーツ少年団〕監督=角谷敏進▽主将=梶野蓮▽選手=西村優志、法眼勇太郎、今城純真、藤井隆次、角田涼馬、角谷力武、谷口和貴、寺迫樹哉、菅陸人、田渕嘉清、楠本将吾、川口明

【C級】
〔直川少年野球クラブ〕監督=岡本光宏▽主将=南翔偉▽選手=中島圭太、酒井隆成、倉前学斗、前田裕星、下井田知也、南秀和、木地優貴、岩田駿介、辻本崚人、嶋輝彩、辻本遥馬、乾隼、中島誠弥、辻本恵人、山路樹、玉井翔伍、安藤圭弥、中林快

〔紀伊少年野球クラブ〕監督 前山武史▽主将 野上登夢▽選手 山下徹也、西川誠徳、山﨑惇杜、中田康介、平阪蓮、東妻純平、相良大輝、葛城孝祐、稲山拓峰、宮本優一郎、朝間陸斗、野上夢斗、山下靖司、田井翔也、石田周汰、平井滉馬、中本陸斗、相良歩夢





この記事と関連がありそうな過去の記事

powered by weblio







cypress.gif