top_kaisya.gif

companyhistory.gif

大正初期
和歌山県田辺町(現田辺市)にて牟婁新聞(ムロウシンブン) として発刊。号数は12202号まで
昭和62年6月5日
牟婁新聞の号を引き継ぎ、紀州新報が田辺市で発刊。号数は12203~13788号まで
平成4年7月
紀州新報の号を引き継ぎ、和歌山市内で和歌山新聞が廃刊してから20年ぶりの日刊地方紙、和歌山新報が創刊。本社は三木町に
平成5年2月
本社を十二番丁に移転
平成6年1月
本社を田中町に移転
平成11年7月
本社を十二番丁に移転
平成12年6月
津村尚志社長が3代目社長に就任
平成12年7月
カラー印刷がスタート
平成14年7月
題名を和歌山新報からわかやま新報に変更
平成15年4月
編集・組版システムをフルデジタルに一新
平成15年10月
朝刊から夕刊に
平成18年4月
本社を福町に移転
平成19年7月
創刊15周年を迎える
平成19年10月
ホームページ開設
平成20年11月
プライベート新聞「マイしんぶん」を販売開始
平成21年5月
Smart事業部が発足
平成24年7月
津村周が4代目社長に就任
平成24年12月
格安CMSホームページ制作事業「Smartパッケージ」を販売開始
平成25年11月
日高新報と合同のホームページ「shimpo-smart]を開設
平成26年10月
わかやま新報ARアプリ~いごくで新報~をスタート

 ご挨拶

ローカル情報世界一!
元気な和歌山を目指して

地方紙が不毛の地と言われているこの和歌山で、紆余曲折を経ながら24周年を迎えます。これからも茨の道はまだまだ続きそうですが、一歩一歩着実に前へ進んでいます。これもひとえに読者、広告主、多くの皆さまのお陰です。心より感謝申し上げます。われわれが目指すところは、人が生き生きと生活している元気な和歌山です。そのためには地域の人がこのまちをもっと好きになり、元気にしたいと本気で思わなければなりません。

このまちの良いところも悪いこところも知らなければなりません。自分に都合のいい情報だけでは、本質は見えないからです。だからこそ地方紙は必要なんです。知らない和歌山を伝え、もっと和歌山を知ってもらい、もっと和歌山を好きになってもらうこと。好きになれば、自分自身でどうにかしたいという気持ちが自然に湧いて行動に表れます。

世界で一番和歌山のローカル情報を発信しているのは我々です。社員全員が和歌山のオピニオンリーダーという自覚を持ち、このまちを引っ張るんだ、変えてやるんだという思いでこれからの時代に挑戦してまいります。

代表取締役社長
津村 周
Tsumura Shu
社是・経営理念

[社是] 一筆同心

[経営理念(ポリシー)]
・地域深耕をモットーとし、住んでいる人に住んでいる街のことを知ってもらい、和歌山をさらに愛してもらうきっかけを作ります。
・「役に立つ」「おもしろい」を追求し、地域社会を元気にします。・仕事を通じて共に学び成長し、働く仲間とその家族のより豊かで幸せな人生を目指します。 
会社概要

 

株式会社 和歌山新報社

〒640‐8043 和歌山県和歌山市福町49番(和歌山中橋ビル4階)

【創  刊】 平成4年7月1日
【資 本 金】 3,000万円
【代 表 者】 代表取締役社長
津村 周
【従 業 員】 25人
【事業内容】 日刊地方紙わかやま新報の発行
書籍発刊
チラシデザイン
各種印刷
プライベート新聞「マイしんぶん」の制作
ホームページ制作 http://shimpo-smart.com
【社  是】 一筆同心
 【M A P】


大きな地図で見る

【販 売 店】

本社販売部 和歌山市福町49 和歌山中橋ビル4階
わかやま販売所 和歌山市西高松1丁目5-45
紀三井寺販売所 和歌山市毛見1050
四箇郷販売所 和歌山市新在家139-7
黒田販売所 和歌山市津湊41-4
布施屋販売所 和歌山市布施屋781-6
和歌山東販売所 和歌山市相坂580-1
加太新聞舗 和歌山市加太203
貴志川・打田・粉河販売所 紀の川市貴志川町北山441
安楽川販売所 紀の川市桃山町市場198
名手販売所 紀の川市藤崎341
海南東販売所 海南市沖野々430
加茂郷販売所 海南市下津町丁89-1
野上・美里販売所 紀美野町動木36
岩出西販売所 岩出市水栖154-5
岩出東販売所 紀の川市上野43-4