がんばってます

石田 真敏

対中外交は重要な局面に 親しい隣国、米国の同盟国として

バイデン大統領の初めての首脳会談が、菅総理が訪米して開催されました。一連の外交上の動きの一つの節目となる会談でした。米政権にとって喫緊の課題が対中国政策であり、今回の会談自体が米国が中国問題を最重要視している証左であると […]

続きを読む>>


 

五輪を希望のシンボルに 聖火リレーで和歌山を発信

3月26日、参議院本会議にて令和3年度の予算案が賛成多数で可決、成立しました。 今年度予算案は106兆6097億円を計上し、予備費5兆円を含む新型コロナウイルスの感染拡大対策や医療機関・企業への支援政策をはじめ、デジタル […]

続きを読む>>


 

観光の法整備を抜本見直し 鳥獣被害対策で議員立法へ

コロナ緊急事態宣言が閉じられ、ほっとしたのもつかの間、変異株ウイルスの蔓(まん)延により一部都市では蔓延防止措置が取られることになりました。飲食店や、交通関係産業の低迷をよそに市場は謎の高値を付け、空前の好景気。何がなん […]

続きを読む>>


 

和歌山のワクチンの状況と今後の見込み ―一日も早い接種で安心な日々を!

和歌山市では、65歳以上の高齢者を対象とする新型コロナウイルスワクチンの接種は4月12日からスタートします。高齢者の接種券は3月22日から発送スタート。予約もすでに始まっています。来年3月31日までに65歳になる皆さんに […]

続きを読む>>


 

わいせつ教員根絶へ立法化を 教育、文化芸術の推進へ全力

先週15日(月)に和歌山県北部を震源とする地震が発生し、湯浅町では震度5弱を観測しました。先月にも和歌山市で震度4の揺れを観測。この機会に今一度、地震への備えが十分にできているか、各家庭・職場であらためてご確認いただきた […]

続きを読む>>


 

生命と財産を守る防災対策 東日本大震災10年、政治の役割

通常国会での質疑が行われていますが令和3年度予算案が衆議院を通過し当院では常任委員会で法案審査などの実質的な質疑が始まっています。 私は今国会も厚生労働委員会と法務委員会、それから沖縄及び北方問題に関する特別委員会に所属 […]

続きを読む>>


 

花開く「サイクリング王国・和歌山」 ~コロナの先にサイクルツーリズムの可能性~

私と自転車政策の出会いは、今から50年以上前になります。私は大学卒業と同時に、建設大臣を務められた遠藤三郎代議士の秘書として、政治の道を歩み始めました。遠藤先生は農水省時代に和歌山県の経済部長として赴任され、当時県議会議 […]

続きを読む>>


 

国民の「不安の声」を政策に 参院自民が聞き取り、申し入れ

新型コロナウイルス感染症対策の終息を図るべく、今国会が肝となります。 去る1月28日には、参議院本会議で令和2年度第3次補正予算が可決、成立しました。 「新型コロナウイルス感染症の拡大防止策」として、医療提供体制の確保と […]

続きを読む>>


 

「一大産業」観光の進化へ ワーケーション推進など議論

コロナ禍で大変な毎日をお過ごしのことと存じます。 しかし夜明けの来ない夜はないと信じて、前向きに頑張っていらっしゃる人も多いと信じます。 私たち政治家も、そんな国民を応援し、「夜明け」に負の遺産を残さぬよう、今から準備し […]

続きを読む>>


 

コロナ対策のための特措法等改正案の問題 ―補償と罰則のバランスが悪すぎる!

2月7日までの緊急事態宣言が1カ月延長されました。多くの飲食店をはじめ関係業界が影響を受けています。感染防止と経済のバランスをどう取るか、誰が政権を運営していても難しい課題です。そのための特別措置法・感染症法などの改正法 […]

続きを読む>>


 

がんばってます

月別アーカイブ