がんばってます

世耕 弘成

コロナ禍で変わる社会生活 健康で幸せな制度設計目指す

長かった梅雨もようやく明け、夏本番、和歌山の透明な海や緑深い山々が恋しい季節です。今年は春の休校の影響で、県内の学校も夏休みが短縮されているようですが、濃く充実した夏休みを過ごし、子供たちの笑顔が少しでも多くなるよう期待 […]

続きを読む>>


 

道路の問題箇所を洗い出す 県民から行政に改良の提案を

新型コロナウイルス感染症という未知なる戦いに追われた令和2年も半分の月日がたちました。不要不急の外出自粛、緊急事態宣言など皆さまの多大なるご協力に感謝申し上げます。感染症対策と経済活動を両立させる〝ウィズコロナ〟新しい日 […]

続きを読む>>


 

コロナでわかった日本の不都合な真実 ―現実を直視して出直そう

 新型コロナウイルス感染症の第2波とも言える状況になりつつありますが、感染症対策と経済活動との共存を目指す必要があります。それでも、コロナ終息前の政府の「GoToトラベル」キャンペーン、しかも突然の東京除外。政府の施策は […]

続きを読む>>


 

「和歌山・再発見の旅」へ  GO TOキャンペで地元を知ろう

去る6月19日、都道府県をまたぐ移動制限が解除され私も久しぶりに和歌山に帰ることができました。4月に緊急事態宣言が発出され、それを受けて自民党は所属議員に東京から地元への移動を控えるよう幹事長名で通達しました。そのため私 […]

続きを読む>>


 

自民党は県民の「命」と「生活」を守る 一律10万円給付、国土強靭化緊急対策延長

この週末、久々に和歌山に帰ってまいりました。地元入りは3月に県庁を訪問し、仁坂知事や県議会関係者の皆さまと新型コロナウイルス対策を協議して以来、約3カ月ぶりとなります。これほど故郷・和歌山に帰って来なかったのは40年近い […]

続きを読む>>


 

コロナ後の大変化に対応 新国際秩序、分散型の国づくり

6月19日にコロナウイルス対策に伴う移動制限が、首都圏を含め全国でようやく解除されました。私も緊急事態制限のもと移動できず、3月末から帰和がかなわなかっただけに開放感があります。 ただ、コロナ禍は収まったわけではありませ […]

続きを読む>>


 

国民に寄り添う支援策を強化 現場の声から継続的に政策提言

梅雨の季節となり、和歌山の宝、梅の実がすくすくと育っています。 全国に向けて発出された「緊急事態宣言」が5月14日に解除され、1カ月が過ぎました。県内の皆さんにも「新しい生活様式」への転換や、厳しい中での事業の再開など、 […]

続きを読む>>


 

ドローン利用の安全確保へ 規制法改正案の成立が焦点

6月17日に迫った会期末。おおかたの国会議員は、新型コロナウイルス蔓延と東京での自粛生活の行方を案じておられるところではないかと思いますが。私の目下の懸念は、私が何度も仲間の先生方と議論して作ってきたドローン法案が今国会 […]

続きを読む>>


 

ポストコロナの財政金融策 ―タダのランチは無い

緊急事態宣言が全国的に解除されました。これから、徐々にウイズコロナの生活が始まります。まずは、ダメージを受けた企業や事業主、個人の救済のための施策を実施し、追加しなければなりません。何より社会的弱者の命と暮らしを守ること […]

続きを読む>>


 

困窮学生への緊急給付金が実現 9月入学を含め学びの保障を検討

4月16日から和歌山など全国に拡大された緊急事態宣言は5月14日に和歌山を含む39県で解除され、18日からは近鉄百貨店和歌山店の全館、イオンモール和歌山の専門店街などが再開、県立学校では時間差登校などの分散登校の実施、高 […]

続きを読む>>


 

がんばってます

月別アーカイブ