ニュースのニュース一覧

東北の被災地へ竹あかり 想火プロジェクト

11日で発生から10年を迎える東日本大震災。㈱竹千代(和歌山県海南市日方)の社長で「みんなの想火(そうか)プロジェクト」の県代表の谷正義さんが3日、追悼の明かりを被災地に届けようと、「竹あかり」のワークショップを和歌山市 […]

続きを読む>>


優れた製品開発認定 県企業ソムリエに2社

和歌山県企業ソムリエ委員会(会長=島正博・㈱島精機製作所会長)の2020年度の認定企業に㈱ユニカル(橋本市小峰台、小林真治社長)、激励賞企業に㈱山東鐵工所(和歌山市宇須、河井恒治社長)が決まり、2日に県庁で認定、授与式が […]

続きを読む>>


感染が全年代に拡大 県分析コロナ「第3波」

和歌山県は県内の新型コロナウイルス感染状況について発表。昨年11月中旬からことし2月中旬にかけての、新型コロナウイルスの「第3波」の感染状況について、第1波、第2波に比べて全ての年代に広がっていることが分かった。 ことし […]

続きを読む>>


和歌山弁で描く利他の心 得津さんが小説発刊

和歌山県和歌山市有本のマナーコンサルタント、得津美惠子さんが、4作目となる小説『桜子』を夢叶舎(むくしゃ)から出版した。 18歳という多感な年頃の桜子が、身の回りで起こるさまざまな出来事と人間模様を通して成長していく様子 […]

続きを読む>>


包装デザイン考えよう 和工で産学官交流事業

和歌山県立和歌山工業高校(和歌山市西浜)で4日、産学官交流事業が開かれ、同校産業デザイン科の1年生40人が野上木工㈱(本社=海南市船尾、野上義幸社長)の商品パッケージを題材にデザイン案を製作した。 和歌山市商工振興課と同 […]

続きを読む>>


警察の広報活動に貢献 那賀高放送部に感謝状

岩出署は2日、高校生広報員(愛称・フローリアサポーター)となって活動に貢献したとして、和歌山県立那賀高校(岩出市高塚)の放送部員に感謝状を贈呈した。 贈呈を受けたのは2年生の木村文香さんと堀内梨音さん。昨年9月、フローリ […]

続きを読む>>


3月5日付

◆東北の被災地へ竹あかり 想火プロジェクト ◆優れた製品開発認定 県企業ソムリエに2社 ◆感染が全年代に拡大 県分析コロナ「第3波」 ◆和歌山弁で描く利他の心 得津さんが小説発刊 ◆包装デザイン考えよう 和工で産学官交流 […]

続きを読む>>


和歌山題材の「火具槌のうた」 16日~配信

1400万年前に紀伊半島で起きたという地球最大規模の噴火から着想を得た創作歌劇「火具鎚(かぐつち)のうた」が16日正午から、ユー・チューブで配信される。和歌山市が中心となり、新型コロナウイルス禍の中で文化芸術活動を活性化 […]

続きを読む>>


116年、最後の卒業式 赤十字看護専門学校

和歌山県和歌山市小松原通の赤十字看護専門学校(平岡眞寛校長)で2日、最後の卒業式が行われ、昨年唯一の在校生として先輩を見送った第69回生の35人(男子5人、女子30人)が、赤十字救護員制服に身を包み、同校を締めくくる卒業 […]

続きを読む>>


微増の71億8440万円 紀美野町21年度予算案

紀美野町は2日、2021年度当初予算案を発表した。一般会計は71億8440万円で、前年度比1・3%増。特別会計と企業会計を含めた総額は7・1%増の119億1770万円となる。主要事業として新型コロナウイルスのワクチン接種 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧