ニュースのニュース一覧

さくらスマイル凱旋 スケボー金の四十住選手

東京五輪のスケートボード女子パークで初代金メダリストとなった和歌山県岩出市の四十住(よそずみ)さくら選手(19)が24日、地元・和歌山に凱旋し、県庁や母校の県立伊都中央高校(橋本市)を訪れた。仁坂吉伸知事や森礼子県議会議 […]

続きを読む>>


同級生や恩師も祝福 母校にユニホーム寄贈

四十住さくら選手は、母校の和歌山県立伊都中央高校では、「金おめでとう」などと書かれたプラカードを持った教職員や同級生、在校生らの歓迎を受け、キャンパスは世界女王の帰還の喜びに包まれた。 四十住選手はオープンカーの助手席か […]

続きを読む>>


100均画家の中山さん ぶらくりで初個展

100円均一の画材で絵を描く、和歌山市の中山忠彦さん(68)の初の個展が28日まで、和歌山市米屋町のぶらくり丁内BLISS(ブリス)ビル1階で開かれている。午前10時から午後5時まで。 中山さんは以前、すし店を経営し、板 […]

続きを読む>>


4部門で埴輪王決まる 風土記の丘ハニワン

埴輪(はにわ)を手作りし、人気投票で〝埴輪王〟を決める、県立紀伊風土記の丘(和歌山市岩橋)主催の「第12回HANI―1(ハニワン)選手権」の王者が決まった。同施設で21日、エントリーのあった180点のオリジナル埴輪の中か […]

続きを読む>>


病床逼迫続く、予防を 那智勝浦で院内感染

和歌山県は24日、県内で幼児から90代の90人が新型コロナウイルスに感染し、那智勝浦町立温泉病院で院内感染が発生したと発表した。病床560床に対し入院患者は525人(うち重症21人)で、使用率は93・8%に達している。 […]

続きを読む>>


コロナ禍の生活困窮を支援 利用を呼び掛け

和歌山県民主医療機関連合会(県民医連)は、コロナ禍で生活が困窮している人が増えているとし、生活保護やフードバンク、なんでも相談会、無料低額診療の利用を呼び掛けている。 県民医連はコロナ禍における「いのちの電話相談」の事例 […]

続きを読む>>


8月26日付

◆さくらスマイル凱旋 スケボー金の四十住選手 ◆同級生や恩師も祝福 母校にユニホーム寄贈 ◆100均画家の中山さん ぶらくりで初個展 ◆4部門で埴輪王決まる 風土記の丘ハニワン ◆病床逼迫続く、予防を 那智勝浦で院内感染 […]

続きを読む>>


夏休み31日まで延長 感染急拡大で県内学校

新型コロナウイルスの感染者急増を受け、和歌山県は24日、今週から順次始業式を迎える予定だった県立学校の夏休みを31日までとし、9月以降は分散登校やオンライン学習などの実施を検討すると発表した。公立小中学校の対応は各市町村 […]

続きを読む>>


夏休み延長決定受け 保護者から声さまざま

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた夏休みの延長決定に、児童や生徒の保護者からは、安堵(あんど)や戸惑いの声が相次いだ。 専業主婦で、和歌山市の小学校1年と3歳児の母親(37)は「始業式に合わせて宿題や生活などを準備して […]

続きを読む>>


9月から宿泊療養も 病床逼迫受け東横インで

新型コロナウイルスの感染者急増により、和歌山県内の病床が逼迫(ひっぱく)していることを受け、県は9月1日から、軽症者や無症状者を対象とする宿泊療養を、東横INN(イン)JR和歌山駅東口(和歌山市黒田)で開始する。 仁坂吉 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧