ニュースのニュース一覧

引き続き大雨の恐れ 土砂災害に厳重警戒を

停滞した梅雨前線の影響で、和歌山県内では6日から9日にかけて局地的に激しい雨が降り、9日正午現在、各地で土砂崩れなどの被害が出ている。気象台によると、西日本では12日ごろまでは大雨が続く恐れがあるといい、土砂災害や河川の […]

続きを読む>>


智弁は尽誠学園と対戦  甲子園交流試合

ことしの選抜高校野球大会に出場することが決まっていた32校が8月10日から兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で戦う「2020年甲子園高校野球交流試合」の組み合わせ抽選会が8日、オンラインで開かれ、智弁和歌山は8月17日の第2試 […]

続きを読む>>


ショウガに漬けた梅干し 和市のカフェで

ショウガ料理専門店の「カフェモコ」(和歌山県和歌山市相坂)は、県産の土ショウガで漬けた梅干し「お母ちゃんがこしらえたしょうがうめ」を販売している。 同店は2014年にオープン。メニューにはショウガを使用したハンバーグやカ […]

続きを読む>>


那賀病院に庭園を寄贈 ヒロガーデニング

ガーデニングを手掛ける㈱ヒロガーデニング(岩出スタジオ=和歌山県岩出市大町、紀の川スタジオ=紀の川市尾崎、田邑嘉浩代表取締役)が同市打田の公立那賀病院で制作していた庭園が完成した。 同社が病院に寄贈を申し出た。庭は「HI […]

続きを読む>>


7月10日付

◆市街地の活性化に期待 みぎわテラスが竣工 ◆癒えない悲しみを胸に 和歌山大空襲75年 ◆引き続き大雨の恐れ 土砂災害に厳重警戒を ◆智弁は尽誠学園と対戦  甲子園交流試合 ◆ショウガに漬けた梅干し 和市のカフェで ◆那 […]

続きを読む>>


紀三井寺に般若心経 書家の松村さんが奉納

和歌山県和歌山市出身の書家、松村博峰さん(55)が、新型コロナウイルス感染症の終息を願って書き上げた「般若心経」(1・56㍍×3・5㍍)を同市の紀三井寺に奉納した。松村さんは「私たちが今ここにいるという一期一会の精神を大 […]

続きを読む>>


土砂崩れ相次ぐ 長引く大雨に各地で被害

和歌山県内は7日夜遅くから8日にかけ、梅雨前線や湿った空気の影響で非常に激しい雨が降り、道路の通行止めや列車の運休などが生じた。有田川町二澤地区では、土砂崩れで11世帯16人が孤立している(8日正午現在)。 県のまとめに […]

続きを読む>>


許認可判断なされず苦慮 楠見メガソーラー

和歌山県和歌山市楠見地区で建設が計画されている大規模太陽光発電施設(メガソーラー)「和歌山平井太陽光発電事業」は、事業者が昨年4月に県、同7月に市に事業計画を申請し、有識者による審議会などを経て許認可の判断が待たれている […]

続きを読む>>


陸奥の功績次代へ 竈山神社で生誕176年祭

和歌山県和歌山市出身の元外務大臣、陸奥宗光の生誕176年を祝う催しが7日、和歌山市和田の竈山神社(吉良義章宮司)で行われた。 「『陸奥宗光外務大臣』の功績を教育に活かす実行委員会」が実施。陸奥は1844年7月7日、紀州藩 […]

続きを読む>>


新たな取り組みも 新型コロナで苦境のNPO

新型コロナウイルス感染症の影響は、学校や企業だけでなく、NPO法人などの団体活動にも及んでいる。資金源となる寄付や会費、事業収入が減少し、運営の存続が危ぶまれている団体も多いという。 わかやまNPOセンターでは、他の支援 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧