ニュースのニュース一覧

ワクチン8日から接種 県内の医療従事者ら

和歌山県内の医療従事者などに優先的に接種する新型コロナウイルスワクチンの第1弾、約4000人分が6日に国から到着し、8日から順次、接種が行われることが分かった。 県医務課によると、県内の優先接種希望者は約3万7000人( […]

続きを読む>>


有効求人6カ月ぶり1倍 1月の県内雇用情勢

1月の和歌山県内の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0・09㌽上昇の1・00倍となり、6カ月ぶりに1倍を上回った。和歌山労働局は、求人の減少傾向は続き、求職者の動きは鈍い状況であるため、雇用情勢判断の上方修正は見送り、据 […]

続きを読む>>


春を告げる「こも」外し 和歌山城の風物詩

二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」の5日、和歌山県和歌山市の和歌山城公園で、約250本の松に巻かれた「こも」を外す作業が行われた。 わらで作られたこもは昔ながらの害虫駆除の方法として使われ、中でマツケムシなどを越冬させ […]

続きを読む>>


オンラインで交流 宮北小と山東省の小学生

和歌山市立宮北小学校の5・6年生60人と中国・山東省の東城逸家小学校の6年生80人による国際交流が4日、両校を結ぶオンライン形式で行われた。2019年5月に東城逸家小の児童が修学旅行で宮北小を訪れて以来、2年ぶりの再会と […]

続きを読む>>


3月6日付

◆プロも注目の逸材 市高の小園投手と松川捕手 ◆みなべ―田辺が事業化 阪和道の4車線化推進 ◆ワクチン8日から接種 県内の医療従事者ら ◆有効求人6カ月ぶり1倍 1月の県内雇用情勢 ◆春を告げる「こも」外し 和歌山城の風 […]

続きを読む>>


東北の被災地へ竹あかり 想火プロジェクト

11日で発生から10年を迎える東日本大震災。㈱竹千代(和歌山県海南市日方)の社長で「みんなの想火(そうか)プロジェクト」の県代表の谷正義さんが3日、追悼の明かりを被災地に届けようと、「竹あかり」のワークショップを和歌山市 […]

続きを読む>>


優れた製品開発認定 県企業ソムリエに2社

和歌山県企業ソムリエ委員会(会長=島正博・㈱島精機製作所会長)の2020年度の認定企業に㈱ユニカル(橋本市小峰台、小林真治社長)、激励賞企業に㈱山東鐵工所(和歌山市宇須、河井恒治社長)が決まり、2日に県庁で認定、授与式が […]

続きを読む>>


感染が全年代に拡大 県分析コロナ「第3波」

和歌山県は県内の新型コロナウイルス感染状況について発表。昨年11月中旬からことし2月中旬にかけての、新型コロナウイルスの「第3波」の感染状況について、第1波、第2波に比べて全ての年代に広がっていることが分かった。 ことし […]

続きを読む>>


和歌山弁で描く利他の心 得津さんが小説発刊

和歌山県和歌山市有本のマナーコンサルタント、得津美惠子さんが、4作目となる小説『桜子』を夢叶舎(むくしゃ)から出版した。 18歳という多感な年頃の桜子が、身の回りで起こるさまざまな出来事と人間模様を通して成長していく様子 […]

続きを読む>>


包装デザイン考えよう 和工で産学官交流事業

和歌山県立和歌山工業高校(和歌山市西浜)で4日、産学官交流事業が開かれ、同校産業デザイン科の1年生40人が野上木工㈱(本社=海南市船尾、野上義幸社長)の商品パッケージを題材にデザイン案を製作した。 和歌山市商工振興課と同 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧