ニュースのニュース一覧

特殊詐欺被害を防止 コンビニ店長に感謝状

特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、和歌山西署は25日、セブン―イレブン和歌山マリーナ入口店店長の北又理恵さん(51)に感謝状を贈呈した。 同署によると、5月16日午前11時ごろ、70代の男性が来店。北又さんは「電子マネ […]

続きを読む>>


6月27日付

◆生命力に満ちた空間 那賀病院に「光の庭」 ◆39校組み合わせ決まる 高校野球県独自大会 ◆ボーガンを有害指定 県が宝塚死傷事件受け ◆宮崎と和歌山で2回開催 来年の国民文化祭 ◆災害時の停電に備え 関西電力送配電が訓練 […]

続きを読む>>


留置所に食事届けて70年 海南市の神﨑さん

現在の警察法が施行された7月1日に、警察業務に協力した個人や団体に感謝状、表彰状を贈る警察施行記念の表彰が和歌山県内14署で行われる。海南署では、70年近く警察署の留置場に食事を配達している日方の仕出店「登利久(とりひさ […]

続きを読む>>


津森投手白星一番乗り ソフトバンク逆転V

プロ野球・西武―ソフトバンク2回戦が24日、メットライフドーム(埼玉・所沢)で行われ、ソフトバンクの3番手で登板した東北福祉大出身のルーキー津森宥紀投手(和歌山ビクトリーズ、和歌山県立和歌山東高出身)が初勝利を挙げ、12 […]

続きを読む>>


窓際使い、少人数で 部活動も感染対策徹底

和歌山県内の学校が通常授業を再開して約2週間。多くの学校では授業とともに部活動も再開している。県教育委員会はホームページに部活動再開のガイドラインを掲載。共用物の消毒や生徒同士の距離を空けるといった感染対策を十分に行うこ […]

続きを読む>>


災害時に資機材を共用 連合と県社協が協定

連合和歌山と和歌山県社会福祉協議会は25日、災害が発生した際のボランティア活動に使用する資機材の管理、相互利用に関する覚書を締結した。 連合和歌山は昨年5月、県社協が運営する県災害ボランティアセンターとの間で「災害ボラン […]

続きを読む>>


定期予防接種は早めに 和市保健所呼び掛け

和歌山市保健所では、子どもの定期予防接種を遅らせず受けるよう呼び掛けている。 定期予防接種は11種類あり、生後2カ月から受け始める。種類によっては数カ月空けて複数回の接種が必要なものもあり、誕生月別に予防接種スケジュール […]

続きを読む>>


6月26日付

◆留置所に食事届けて70年 海南市の神﨑さん ◆津森投手白星一番乗り ソフトバンク逆転V ◆窓際使い、少人数で 部活動も感染対策徹底 ◆災害時に資機材を共用 連合と県社協が協定 ◆定期予防接種は早めに 和市保健所呼び掛け

続きを読む>>


桃大好き若手農家 桃山に移住4年の諸星さん

「桃マニアになりたい」――。4年前、大阪府高槻市から和歌山県紀の川市桃山町に移住した桃星農園(同町神田)の諸星勇佑さん(30)は、桃を愛し生産する若手農家。桃の本格シーズンを迎え、多くの人に「『あら川の桃』をもっと食べて […]

続きを読む>>


愛の和歌山城と再会 絵画寄贈の大西さん来和

昨年6月、和歌山城天守閣を描いた絵画を和歌山県和歌山市に寄贈した画家の大西幸仁さん(59)=岡山県矢掛町=が22日、和歌山市役所を訪れ、最上階の14階に展示された自身の作品と初めて再会した。 大西さんは人気漫才コンビ「ち […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧