ニュースのニュース一覧

クラトキ竹本 ボクシング王者奪還ならず

プロボクシングの日本フェザー級タイトルマッチが13日、東京都の後楽園ホールで行われ、和歌山県和歌山市出身の竹本雄利選手(24)=クラトキボクシングジム、同級9位=は6回3分9秒KOで敗れ、初挑戦での王座奪取はならなかった […]

続きを読む>>


大学ローバースカウト隊 県内で初めて発足

大学生でつくるボーイスカウト「大学ローバースカウト隊」が和歌山県内で初めて結成され、8日に和歌山市紀三井寺の南コミュニティセンターで発団式が行われた。全国で30番目の大学ローバースカウト隊で、県内での新団の発足は35年ぶ […]

続きを読む>>


8月15日付

◆一戦限りの夏の聖地 17日智弁×尽誠学園 ◆症状あれば勤務控えて 3人が新たに感染 ◆県景況3カ月連続で改善 帝国データ7月動向 ◆糖度は驚きの31・6 山本さんが育てた桃 ◆クラトキ竹本 ボクシング王者奪還ならず ◆ […]

続きを読む>>


首都圏、大阪からが急増 県内コロナ第2波分析

和歌山県は11日、新型コロナウイルス感染症の県内での発生状況の分析を発表。県による感染経路などの調査で、6月以降は首都圏や大阪から県内への持ち込みによる感染例が急増しているとみてきたが、ウイルスの遺伝子解析からも同様の現 […]

続きを読む>>


同居の20代2人が陽性 感染者の人権に配慮を

和歌山県は12日、和歌山市内で同居している20代アルバイト女性と20代会社員男性の2人が、新たに新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。県内の感染者は累計186人で、2人が退院し、入院中の患者は18人とな […]

続きを読む>>


伝統芸能もオンラインで 和大学生が謡の稽古

新型コロナウイルス感染症の拡大防止措置として、大学などでは遠隔授業を基本としている。ただ、実技指導が中心となる講義をオンラインで行うのはたやすいことではなく、授業をする側も手探りの状態。いかに実践的な教育が提供できるか、 […]

続きを読む>>


朝採り完熟イチジク 紀の川市で出荷が最盛期

ことしもイチジクのおいしい季節がやって来た。紀の川市南勢田の神徳農園では出荷の最盛期を迎えており、早朝から収穫作業などを行っている。 同園の神徳泰孝さん(64)によると、イチジクの出荷は7月上旬から秋ごろまでで、お盆にピ […]

続きを読む>>


ゆる~く伝える「黒江ことば」 グッズが人気

海南市観光協会は黒江地域で使われてきた言葉「黒江ことば」を伝えるグッズを販売している。 黒江ことばは紀州漆器の産地として親しまれてきた黒江で話されている方言。同協会の黒岩正和さんがカメラマンとして黒江で写真展を開いた際に […]

続きを読む>>


カラー化写真が語る戦争 AI活用し出版

戦前・戦中のモノクロ写真は、戦後世代には文字通り色のない時代のように遠い存在に感じられることがある。当時の写真をAI(人工知能)と人の力でカラー化し、写し込まれた当時の世相や生活などについての豊かな対話の場を生み出そうと […]

続きを読む>>


8月14日付

◆首都圏、大阪からが急増 県内コロナ第2波分析 ◆同居の20代2人が陽性 感染者の人権に配慮を ◆伝統芸能もオンラインで 和大学生が謡の稽古 ◆朝採り完熟イチジク 紀の川市で出荷が最盛期 ◆ゆる~く伝える「黒江ことば」  […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧