地域貢献活動たたえ 濵さんらに「キワニス賞」

左3番目から順に、前田会長、濵さん、栗本校長
左3番目から順に、前田会長、濵さん、栗本校長

 社会奉仕団体「和歌山キワニスクラブ」(前田泰道会長)は27日、地域社会貢献活動の功績をたたえ、支援する「キワニス賞」の表彰式を和歌山市内のホテルで行い、1個人1団体を表彰した。個人は和歌山北地区地域交通安全活動推進委員で同市出身の濵圭司さん(70)、団体は県立紀央館高校(御坊市、栗本恵司校長)が選ばれた。

 濵さんは児童生徒の通学を見守る他、交通安全講習を開いて高齢者に事故防止対策を促すなど、地域の交通安全に尽力。同校は地元を元気にしようと清掃や植樹活動、祭りに参加するなど、地域活性化に力を入れている。

 式では前田会長が「今後も長年にわたり活動を継続してくれたら、この上ない喜びです」とあいさつし、濵さんと栗本校長(59)に表彰状と支援金(個人10万円、団体20万円)を手渡した。

 濵さんは「少しでも世の中のためになればと取り組んできました。今後とも精進したい」。栗本校長は「早速、生徒、職員に受賞を報告したい。これからも幅広く地域で活動をしていきたい」と話していた。