海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

厄払う「ぶりぶり大祭」 11日まで春日神社

和歌山県海南市大野中の春日神社(三上秀信宮司)で11日まで、江戸時代に始まったといわれる「節分ぶりぶり大祭」が開かれている。初日の3日は祭典やライブ、豆まきが行われ、約60人の親子連れらでにぎわった。 9日間の期間中、夜 [...]

続きを読む>>


海南「じゃらん」発刊 体験プログラム満載

旅行専門誌『じゃらん』と海南商工会議所が協働で制作した、海南市の多彩な体験プログラムを紹介するパンフレット『和歌山県 海南市じゃらん』の第2号が1日、発刊される。フルーツや菓子、漆器、家庭用品など地場産業を活用した体験が [...]

続きを読む>>


経験の機会創出 人材育成の高大連携シンポ

次世代の人材育成のために地域や学校は何ができるかを考える高大連携ミニシンポ「地域と学校と人づくり」が1月25日、紀美野町美里支所(神野市場)で開かれ、高校生や大学生、行政関係者、地域住民ら約30人が、人材育成のために多様 [...]

続きを読む>>


カンカンナンマイダを後世に 海南・布片目

江戸時代後期の浄土宗の僧・徳本上人をしのぶ和歌山県海南市幡川の布片目(ぬのかため)地区伝統の行事「カンカンナンマイダ」(通称なまいだ)が26日に行われた。法要開始を告げる鉦(かね)の巡回や、大きな数珠を囲んで読経しながら [...]

続きを読む>>


ジュニア駅伝4連覇へ 海南市が結団壮行式

2月17日に開かれる第18回和歌山県県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会を前に、海南市選手団の結団壮行式が24日、大野中の総合体育館で行われた。団長の神出政巳市長と川村栄司監督、小中学生の選手30人は、大会4連覇を目指し、全 [...]

続きを読む>>


手軽に農業楽しもう 体験農園の利用者募集

農家が管理する農園で指導を受けながら、野菜の植え付けから収穫までを体験できる農業体験農園「青空ファーム」(和歌山県海南市小野田)は、3月からの入園者を募集中。農園主の堀禎宏さん(71)は「気軽に農業にふれ、野菜のおいしさ [...]

続きを読む>>


下津蔵出しみかんPR隊出発 関西や東北へ

 海南市下津町の地域ブランド「蔵出ししもつみかん」の出荷時期を迎え、消費拡大を図ろうと20日、「JAながみねとれたて広場」(同市重根西)でキャンペーン隊結団式と販売促進活動が行われた。関西や東北地方を巡り、約1カ月間活動 [...]

続きを読む>>


地域に愛され40年 打田バッティングセンター

少子化などに伴いスポーツを取り巻く環境が厳しさを増す中、和歌山県紀の川市打田の打田バッティングセンターは、年齢や性別を性問わず幅広い世代が楽しめる施設として地域に親しまれ、昨年8月には開設から40年を迎えた。和歌山ゆかり [...]

続きを読む>>


ブドウハゼのDNA一致 高校生が研究報告

かつて和歌山県指定の天然記念物だったが、現在は枯死したとされている紀美野町松瀬地区のブドウハゼについて、2017年にりら創造芸術高校の生徒が聞き取り調査を基に原木らしき木を発見したことをきっかけに、再指定に向けた調査が進 [...]

続きを読む>>


蔵出しみかんが初出荷 下津ブランド全国へ

和歌山県海南市下津町の地域ブランド「蔵出しみかん」の初選果、出荷が17日、JAながみねしもつ営農生活センターで始まった。この日は約80㌧が大阪府や東京都など全国各地へ。関西では18日、北海道では21日に初売りが行われる。 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧