ひじきやわかめ使った「乾物スイーツ」販売

3時のかんぶつ屋さん
子どもにも人気の乾物スイーツ

 ひじき、 わかめなどの乾物が入ったユニークなスイーツを販売している 「3時のかんぶつ屋さん」 (海南市藤白) が24日、 同市大野中の総合体育館などで開かれるイベント 「わっしょい海南2012」 に初出店する。

 同イベントはフリーマーケット、 飲食店など30店以上が並び、 舞台発表に参加する人だけで300人を超える大規模な催し。

 同店を営むのは、 県内で唯一、 乾物専門家 「かんぶつマエストロ」 の資格を持つ野田智也さん(35)。 同資格は日本かんぶつ協会が認定するもので、 野田さんは現在最高となる中級を持っている。 乾物卸業を営む㈱野田商店の3代目で、 乾物を若い世代にも食べてもらおうと、 昨年11月に同店をオープンさせた。

 イベントでは、 ひじきを生地に交ぜたシフォンケーキ、 わかめを交ぜたパウンドケーキ、 ごまを乗せたプリンの3種類を販売予定。 ほんのりとした甘さが好評といい、 天候がよければ100個ずつ作る。 店は普段、 週2日間の数時間しか営業しておらず、 野田さんは「店に食べに来られない人にも食べてもらいたい。 乾物の魅力を発信し、 好きになるきっかけにしたい」 として張り切っている。 問い合わせは同店(℡073・482・3423)へ。