海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

児童の受け入れ急務 来年度入学者ゼロの小川小

紀美野町中田の町立小川小学校

 紀美野町中田の町立小川小学校 (柳泰弘校長、 児童23人) では少子化の影響で来年の入学者がゼロ人となる見通し。 このままだと法律により、 職員数が現在の8人から4人に半減するという。 同校は学校行事などの運営が厳しくなるとして4日、 地域住民を対象に 「新入生・転入生の受け入れについて考える会」 を開き、 参加した区長や保護者ら約30人に 「皆さんに窮状を知ってもらい、 知恵と力をお貸しいただきたい」 と呼び掛けた。  同校は現在1年生4人、 3年生5人、 4年生3人、 5年生4人、6年生7人の計23人が在籍。 3・4年生と5・6年生の2クラスは複式学級で、 教師が異なる学年を一緒に指導している。 来年には2・4年生、 5・6年生の2学級だけとなり、 教頭、 養護教諭、事務職員の3人がいなくなり、 職員数は校長、 給食・校務、 2クラスの担任の計4人となる。 来年、 1人以上入学すれば、 今の3学級が維持でき、 職員数8人で対応していけるという。  小川地区に限らず、同町は過疎・少子化の問題を抱えている。 この日は町の現状を知ってもらおうと、 和歌山大学環境システム学科の平田隆行准教授、「NPO法人きみの定住を支援する会」のメンバーが、 町内の空き家や定住促進に向けた町の施策について紹介した。  平成20年に同大学生が行った調査によると、 空き家の割合は6軒に1軒 (小川地区は7軒に1軒) もあるという。 ただ、 手入れすれば住める状態の空き家が半数を占め、 同町は大阪府や和歌山市から車で約1時間と比較的近い位置にあるため、 Iターン者が望む 「田舎暮らし」の需要が見込めるといい、 他の過疎地域に比べて環境条件はいい方だという。  この日は定住促進に関するアンケートも実施。 参加者から 「受け入れるなら地域に解け込める若者がいい」「人物像が分からないから不安だ」 といった冷静な内容が多かった。 一方で、 「定住促進を進めるなどそんな悠長な時間はないのでは?」「里親制度や山村留学など具体的な対策をもっと考えるべき」 といった厳しい指摘もあった。 今後は11月に新入生・転入生を迎え入れる準備会(仮称)の発起人を募り、対策を練る。  柳校長(56)は 「もちろん長く住んでもらえるような定住対策も必要だと思うが、 [...]

続きを読む>>


貴志川中の汲原さん特選 愛鳥週間ポスター原画

愛鳥週間ポスター原画

 県が県内の小中学生、 高校生を対象に募集していた来年度用の愛鳥週間ポスター原画の中学校の部で、 紀の川市貴志川町上野山の市立貴志川中学校 (木村彰吾校長、 生徒627人) 美術部2年生、 汲原未来 (くみはらみく) さん (14) の作品が特選に選ばれた。  23校118人の応募があった。 汲原さんは、 大きな羽を広げて飛ぶワシをメーンに、 自然豊かな森の上空にたくさんの野鳥がいる風景を描いた。 特にワシの羽は色を塗り重ねて重厚感を出した。  制作期間は1カ月。 汲原さんは 「特選と聞いて驚きました。 鳥は身近にいる動物。 自然と共に大切にしなければならないですね」 とにっこり。  同部の松岡里美顧問は 「色が違うたくさんの鳥を入れた力作でした。 今後も頑張ってほしいですね」 と話していた。

続きを読む>>


道路ののり面生かす 太陽光発電ブロック開発

パネソーラー協会設立準備委員会

 関西の土木業者など5社でつくる 「パネソーラー協会設立準備委員会」 は、 太陽光発電設備を兼ね備えたブロック 「パネソーラー」 を開発した。 各社が技術を持ち寄り、 2年かけて完成させた。 道路ののり面などに設置することで土木分野での太陽光発電の普及・促進を図る。  製品は 「コ」 の字型のコンクリートブロック。 幅1・8㍍×高さ1・2㍍×奥行き1・4㍍。 前面に国内メーカーの全ソーラーパネルが設置可能。 積み上げることができるため、 従来の太陽光発電設備のように平地を必要としないのが特長だ。 背面には編み目状のシートがあり、 これをのり面内部に埋め込むことで盛土の地滑りを防ぐ。  価格はブロックとソーラーパネル合わせて20万円程度で施工できると試算。 来年春の発売を予定しており、 初年度3億円、 5年後には30億円の市場規模を目指す。  ターゲットはこれまで有効に活用できなかった急傾斜地で、 積極的に自治体にも設置を働き掛け、 災害時には非常用電源として活用できる点をPRしていく。  委員会に県内からは㈱原組 (紀の川市江川中)、 ㈲ランズスペース (和歌山市杭ノ瀬) の2社が参加。 5日には原組の敷地内で説明会があった。 同社の原伸行専務 (47) は 「自治体もソーラーパネルで発電し、 余剰電力を運用できるような社会になりつつあります。 このシステムを全国のマーケットに売り出すことで、 土木業界の活性化につなげたいですね」 と話している。

続きを読む>>


高級梅酒味わおう 16日に中野BCで試飲会

 海南市藤白の酒造メーカー、 中野BC㈱ (中野幸生社長) が16日から限定販売する高級梅酒 「月向 (げっこう)」 の試飲会が同日正午から、 同社で開かれる。  月向は直径約5㌢の大粒の実を選び、 完熟前に手摘みし、 通常の1・5倍の期間熟成させた梅酒。 華やかで芯のある香りがあり、 上品な味が楽しめるという。 平成19年から毎年販売しており、 ことしで5年目を迎える。 当日は2部制。 各先着70人。 月向の他、 約20種類の梅酒、 梅酒に合ったチーズ、 ローストビーフなども楽しめる。 和歌山を中心に活動するバン 「Re:ing(リング)」のミニライブもある。 参加費1000円。 申し込みは同社観光課 (℡0120・050・609、 FAX0120・017・269 メールnakano-d irect@nakano-group.co.jp へ。

続きを読む>>


「心まで響いた」 野上小で札響コンサート

札幌交響楽団

 「札響」 の愛称で親しまれている札幌交響楽団が4日、 紀美野町動木の町立野上小学校 (東條容子校長) で生演奏を披露した。 児童に優れた舞台芸術を鑑賞してもらい、 豊かな感受性を育む文化庁の 「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」 の一環で、 全校児童約260人がプロの迫力ある演奏に酔いしれた。 楽器に触れたり、 大編成の楽団を指揮する体験もあり、 音楽の楽しさを味わった。  演奏会は体育館で開かれ、 円光寺雅彦さんの指揮の下、 ブラームスやチャイコフスキーなど児童も聞いたことのある有名な曲が披露された。  楽器ごとの音の違いを知ってもらおうと、弦楽器のバイオリンやビオラ、 管楽器のフルートやホルン、 打楽器のティンパニなどさまざまな楽器の特徴も音色とともに紹介。児童らはハープの美しい音色や巨大なコントラバスの低音に驚いていた。  体験では、 6年生の田伏菜央さん (11)、安平鈴菜さん (同) が指揮に挑戦。 演奏のまとめ役のコンサートマスターと会場にあいさつするところから始め、 「ダダダダーン」の出だしで有名なベートーベンの 「運命」 を指揮した。 ぎこちないテンポになったが、 演奏者がうまく合わせるなど、 ユーモラスな演奏に会場から拍手が送られた。 また、 シンバルや大太鼓などに触れる体験も行った。  指揮に挑戦した田伏さんと安平さんは 「すごく緊張したけど、 楽しかった。 指揮棒をもらったので宝物にしたい。 生の演奏は迫力があり、 心まで響いた」と興奮気味に話していた。

続きを読む>>


8日に一般公開 紀の川市新庁舎の免震装置

紀の川市役所新庁舎免震装置

 現在建設中の紀の川市役所新庁舎 (同市西大井) の免震装置が8日、 一般公開される。  新庁舎は建物面積2050平方㍍。 免震装置は地下に設置され、揺れを吸収する 「積層ゴム」 24基、 板上を滑ることで揺れを伝えにくくする 「弾性すべり支承」8基、 U字型に変形させた鋼材で揺れ幅を低減させる 「U字ダンパー」 8基を備える。  3日には市議会議員らが見学。 市内で3施設目になる最新の装置を興味深そうに見ていた。上野健議長 (64)は 「7階建て庁舎にも耐え得る優れた工法で、災害発生時にも対策本部の機能を十分に果たせる施設だ」 と話していた。  一般公開は予約不要で、 午前10時~午後5時に本庁南別館で随時受け付ける。 対象は市内在住 (中学生以下は保護者同伴)。 服装は長袖、 長ズボン、 運動靴。  詳しい問い合わせは市庁舎建設準備室 (℡0736・77・2511)。

続きを読む>>


ミミズリサイクルに感心 日本を美しくする会

みみずリサイクルBOX

 カー用品販売㈱イエローハット(本社=東京)の創業者、鍵山秀三郎さん(78)が発起人の「NPO法人日本を美しくする会」の会員ら11人が3日、岩出市根来の「NPO法人みみずリサイクル」(山田真器子理事長)を訪れ、同団体が取り組んでいる、生ごみをミミズに食べさせて土に返す「みみずリサイクルBOX」の取り組みを視察した。  視察には千葉県山武市の椎名千収市長も参加。山田理事長(42)はミミズの生態について、寿命が2年前後であること▽微生物と共生することで増えること▽産卵で繁殖するが、餌の量など環境により孵化(ふか)しない卵もあり個体調整されていることなどを説明した。  視察団は、ミミズが生ごみを分解した実際の土に触ると「ふわふわで赤ちゃんのような手触り」「触っても汚れない」などと感心。土の中から多くのコオロギ、カエル、ダンゴムシなどを見つけ、生物が生息しやすい土壌を生み出す力に「すごい」と驚いていた。  視察のきっかけは昨年10月、岐阜県で印刷業を営む梅村昭博さん(76)が、山田理事長の活動を取り上げたラジオ番組を聴き、鍵山さんに紹介したこと。感銘した鍵山さんが会員らに見学を提案した。  視察を終え、鍵山さんは「身近な人は何も思わないかもしれないが、すごいことをしている。全国の小学校に広がれば給食の残飯などの焼却が大量に減る」と話していた。  「みみずリサイクルBOX」はミミズと土を入れた箱で、生ごみを入れるとミミズが食べて土に返してくれる。山田理事長は平成16年から小学校を対象にこの箱の普及活動を開始。これまでに県内59校、県外4校に設置している。

続きを読む>>


第7回海南市美術展がスタート

第7回海南市美術展

  「第7回海南市美術展」 が1日から同市日方の海南保健福祉センターで始まり、 初日は授賞式が行われた。 ことしは初出品と高校生の作品が多く、 会場には一般応募、 無鑑査作品合わせて約230点が並んだ。 展示は9日まで。 8、 9の両日は 「生花展」 も開く。 午前9時から午後5時 (最終日は3時) まで。  旧海南市と旧下津町が合併する前から、 通算50回以上続く伝統ある芸術行事。 作品は洋画・デザイン・彫塑、 日本画、 写真、 書道、 工芸・手芸の5部門。 知事賞、 市長賞など7賞と奨励賞が用意された。  式には受賞者約50人が出席し、 神出政巳市長は 「ことしは高校生の躍動感に満ちた作品が多く大変喜ばしい」 と祝辞。 審査員を務めた坂口卓平実行委員長は 「全体として創造性豊かな作品が多く、 今年度もレベルの高い美術展になった」 と講評した。  式後は受賞者、 関係者らが作品を見て回った。 書道の部では、 海南下津高校や海南高校の生徒の作品が多く並び、 来場者らは力強い筆跡に感心していた。 各賞の受賞者は次の皆さん。   〔知事賞〕 洋画=平岡薫▽日本画=枝川綾子▽書道=松尾明苑▽写真=松尾卓▽工芸・手芸=上南りえ  〔市長賞〕 洋画=藤谷万里子▽日本画=高垣るり子▽書道=藤林聚香▽写真=朝井修▽工芸・手芸=嶋本遊心  〔市議会議長賞〕 洋画=菊澤駿介▽日本画=栗本啓子▽書道=寺西寿美子▽写真=森和昭▽工芸・手芸=中ひろみ   〔市教委賞〕 洋画=谷口藍▽日本画=田尻優▽書道=森美扇▽写真=常田茂▽工芸・手芸=前久保正子   〔文化協会長賞〕 洋画=宗佐代▽日本画=川口美佐子▽書道=梶岡雪葩▽写真=田中和已▽工芸・手芸=日浦章   〔商工会議所会頭賞〕 洋画=硲喜樹▽日本画=上岡正義▽書道=吉村芳碩▽写真=森幸美▽工芸・手芸=土井暉美   [...]

続きを読む>>


「紀の川うまいもんめぐり」がスタート

紀の川うまいもんめぐり

 紀の川市内の飲食店を5店舗回ってスタンプを集める 「紀の川うまいもんめぐり」 (市商工会主管) が1日、 スタートした。  市内31店舗が市産の食材を使った 「イチ押しうまいもん料理」 を提供するイベント。 合併前の打田、 粉河、 那賀、 桃山、 貴志川の旧町別に1店舗ずつ回ってスタンプを集めると、 抽選で旬の果物や食事券が当たる。  初日は同商工会の職員4人が、 JA紀の里ファーマーズマーケットめっけもん広場 (同市豊田) で来店者にチラシを配ってアピールした。 市のフルーツキャラクター 「ぷるぷる娘」 が掲載されたカラフルなちらしに反応も上々だった。 同商工会の経営指導員、酒井一正さん(46)は「『食育のまち宣言』をした紀の川市のおいしいものをたくさんPRしたいですね」と意気込んでいる。 問い合わせは同商工会 (℡0736・74・3000)。

続きを読む>>


那智勝浦に義援金 紀北の26店が支援活動

那智勝浦に義援金 紀北の26店が支援活動

 台風12号の被災地を応援しようと、 紀北地域の飲食店など26店舗がこのほど、現地でボランティア活動を行った。 9月9~17日に各店舗に義援金箱を設置して集まった8万4679円を、 那智勝浦町社会福祉協議会に全額寄付した。  活動の発起人は岩出市中黒で酒店を営む田村昂司さん (28)。 死者や負傷者が多数出た惨状に 「何か助けになることができないか」 と、 取引先店舗や企業などに協力を呼び掛けた。  各店舗では義援金の他、 現地で活動する際に着用するTシャツへの応援メッセージの書き込みも募り、 「辛い時は泣いたらいい」 「一人やない」 「負けたらあかん」 など約100のメッセージが集まった。  9月19日には、 参加した店舗の従業員ら10人が那智勝浦町で活動。 現地ボランティアセンターの指揮により、 同町が現地対策本部として使用することにした保育所の泥出し作業を行った。  同保育所は氾濫した那智川沿いにあったため、 土砂が壁を破って侵入し、 床上1㍍50㌢ほどが浸水する壊滅的な被害を受けていた。 建物内には流れてきた流木が室内のロッカーに突き刺さっていた。 参加者は汚泥の悪臭が漂う中、 スコップと運搬車を使った人海戦術で作業を進めた。 作業中には泥の中から写真のアルバムを発見。 汚れを落とすと、 元気に過ごす被災前の子どもたちの様子が写っていた。  田村さんは活動を振り返り、 「川が氾濫し家屋が流された地区は、 3㌔先まで見渡せる悲惨な状態。 支援物資がまだ届いていない地域もあり、 今後も継続した支援が必要だと感じました」 と話していた。  田村さんは今後も月1回のペースで被災地に足を運び、 被災者の要望を聞く活動を続ける予定で、 協力者も募っている。  問い合わせは田村さん (℡0736・63・4443)。

続きを読む>>


サービス一覧