政治・経済のニュース一覧

投票率低迷に悩む陣営と選管 岩出市長選

 岩出市長選(10月2日投開票)に立候補している新人の尾和弘一候補(69)=無所属=と現職の中芝正幸候補(73)=同、自民・民進・公明・社民推薦=が投票率アップを目指して選挙戦を展開している。平成8年の町長選の69・04 [...]

続きを読む>>


県が奨学金返還助成の希望者募集 3日~

 県は、大学の理工系(農学・薬学含む)や情報系の学部・研究科を平成30年3月に卒業・修了予定で、県内の製造業や情報通信業の企業に研究職・技術開発職として就職を希望する学生を対象に、奨学金返還助成制度の適用希望者を募集して [...]

続きを読む>>


岩出市長選告示 前回と同じ2氏一騎打ち

岩出市長選が25日、告示され、届け出順に、元市議で新人の尾和弘一候補(69)=無所属=と、町時代を含め6選を目指す現職の中芝正幸候補(73)=無所属、自民・民進・公明・社民推薦=の2人が立候補し、前回と同じ顔合わせとなっ [...]

続きを読む>>


副知事「残念」 薬学部関連条例案否決で

和歌山市立伏虎中学校跡地に県立医科大学薬学部を誘致する計画に関連し、跡地の無償貸与の条件などを定める市の条例案が23日の市議会総務委員会で否決されたことについて、県は26日、「非常に残念」とする下宏副知事のコメントを発表 [...]

続きを読む>>


岩出市長選25日告示 現新2人の一騎打ちか

任期満了に伴う岩出市長選はきょう25日に告示される。旧岩出町時代を含め6選を目指す現職の中芝正幸氏(73)、市議で新人の尾和弘一氏(69)がいずれも無所属で出馬を表明しており、前回同様、両氏による一騎打ちの公算が大きくな [...]

続きを読む>>


本町小跡地に大学誘致を 地元自治会が要望

平成29年4月に開校する和歌山市立伏虎義務教育学校に関連し、統合により廃校となる市立本町小学校の跡地利用について、本町連合自治会(野間良美会長代行)は23日、市役所を訪れ、大学誘致の実現を尾花正啓市長に要望した。 同連合 [...]

続きを読む>>


市議会総務委で否決 伏虎中跡地関連条例案

 平成29年4月に和歌山市立伏虎義務教育学校が開校した後の現伏虎中学校の跡地利用に関連する条例案を審議した市議会総務委員会(上田康二委員長)は最終日の23日、同条例案の採決を行い、賛成4、反対5で否決した。本会議での採決 [...]

続きを読む>>


和歌山市の商業地26年ぶり上昇 地価調査

県は、県内270地点の基準地価(7月1日時点)を発表した。住宅地の1平方㍍当たりの平均価格は26年連続下落の3万4300円(前年比2・0%減)、商業地は25年連続下落の7万8600円(同1・7%減)となったが、ともに下落 [...]

続きを読む>>


市議会総務委でも平行線 伏虎中跡地活用

平成29年4月に和歌山市立伏虎義務教育学校が開校した後の現伏虎中学校の跡地利用について、関連する条例案の審議が20日、市議会総務委員会(上田康二委員長)で行われ、県立医科大学薬学部誘致と市民会館の移設を柱とする市の計画に [...]

続きを読む>>


「露茜」で梅シロップ  中野BCと県が開発

酒造会社の中野BC㈱(海南市藤白)と県果樹試験場「うめ研究所」(みなべ町)は、同町産の梅の新品種を使用した赤い梅シロップ「ルビー色の果実蜜『つゆあかね』」(300㍉㍑、税込み1458円)を共同開発した。同社の中野幸治社長 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧