文化・暮らしのニュース一覧

観覧車のある和歌山港 志磨さん絵画寄贈

 和歌山市の画家・志磨隆さん(76)が未来の和歌山港を描いた絵画を市に寄贈し、15日に市役所で寄贈式が行われた。  志磨さんはアトリエVirtual&Realityを創設。2005年に世界一周する客船の絵画教室講師を務め [...]

続きを読む>>


既成概念を覆し変化 魚住さんが4枚目CD

和歌山県和歌山市のシンガー・ソングライター魚住弘樹さん(56)が、4枚目のシングルCD「Change(チェンジ)」を19日に発売する。シンセサイザーを使った軽快なダンス音楽が聴きどころ。魚住さんの幅広い表現力が凝縮された [...]

続きを読む>>


車いすの海水浴体験描く 髙田さん絵本出版

 肢体が不自由な和歌山県和歌山市今福の髙田友紀子さん(23)が、児童文学作家「たかだ ゆき子」としてデビューを果たした。自身の感動体験や、日々の思いを込めた『はじめての うみ』『やさしい きもち』の2冊を同時出版。髙田さ [...]

続きを読む>>


壮麗な時代絵巻広がる 2年ぶりの和歌祭

紀州東照宮(和歌山県和歌山市和歌浦西)の大祭「和歌祭」が12日、和歌浦一帯で盛大に行われた。祭の始まりを飾る神輿(みこし)おろしでは、140人の男衆が神輿を担いで本殿から続く階段を勇ましく下り、渡御行列では和歌浦一帯が時 [...]

続きを読む>>


「令和」出典部分解説も 紀伊万葉ネット講座

新しい時代の始まりに、元号「令和」の由来となった『万葉集』に心を寄せてみませんか? 「令和」の文字が採られた「梅花の歌三十二首」序文の解説を含む講座「第14回万葉玉手箱」が26日午後1時半から、和歌山県和歌山市和歌浦中の [...]

続きを読む>>


写真でたどる和歌山市の歩み 市博で企画展

 和歌山市湊本町の市立博物館で6月9日まで、春期企画展「写真にみる和歌山市の歩み1889―2019」が開かれている。市制施行130年を記念し、まちの発展から戦争、復興に至るまで130年の歴史を写真122枚を含む資料222 [...]

続きを読む>>


歌の力で元気に 演歌・歌謡曲の祭典初開催

プロの歌手が一堂に集う「第1回演歌・歌謡曲の祭典in和歌山~ふるさと創生プロ・アマ音楽祭~」が8日、和歌山県和歌山市手平の和歌山ビッグホエールで開かれ、県内外から訪れた約4000人が実力派歌手の歌声に酔いしれた。歌の持つ [...]

続きを読む>>


勇壮な真田家の絵柄も 紙遊苑で民芸和凧店

 全国各地で作られた伝統的な紙の凧(たこ)が並ぶ「民芸和凧展」が26日まで、九度山町慈尊院の紀州野紙伝承体験資料館「紙遊苑」で開かれている。  同町で戦後直後まで盛んに作られていた手すきの和紙「野紙(古沢紙)」の紙す [...]

続きを読む>>


新時代の美術+アート ビュッフェファイヴ

和歌山県海南市大野中の画廊ビュッフェファイヴ(堀内俊延代表取締役)で12日まで、「令和元年 現代美術アート+アート展」が開かれている。村上隆、関根美夫、元永定正、横尾忠則ら人気作家や若手作家約20人の個性的な絵画と立体作 [...]

続きを読む>>


令和の幕開け 紀伊万葉ネットワークの思い

新しい時代が幕を開けた。価値観が多様化し、めまぐるしく変化する社会状況で、まだ見ぬ「令和」は、どんな時代になるのか。古代から受け継がれる日本人の心を伝えようと取り組む人、伝統を守り、継承するために国際的な感覚で発信する若 [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧