和大チームがV 城まちわかやまリレーマラソン


見事優勝した和大MOTOYAMA

 タスキをつなぎ42.195㌔のフルマラソン完走を目指す第2回城まちわかやまリレーマラソン(実行委員会=和歌山市観光協会、JTB西日本)が4日、片男波公園特設コースで開かれ、和歌山大学MOTOYAMAが、HACとのトップ争いを制し、2時間20分30秒で優勝した。

 2.1㌔のコースを20周するレースに、78チーム740人が参加、記録に挑戦するチームもあれば、お気に入りのユニホームやコスプレで楽しく走るチームもあり、それぞれの力走が大会を盛り上げた。優勝メンバーと2位以下の上位成績は次の通り。

 《和大MOTOYAMA》本山貢、山下桃子、若林有香、岡本渉、石黒陽平、山本将太

 ②HAC2時間22分2秒③住宅用火災警報機は、もう設置しましたか?(和歌山市消防庁)2時間25分20秒④紀の国ACチーム龍2時間51分45秒⑤サンザンオールスターズ2時間51分51秒⑥紀の国ACチーム虎2時間52分1秒⑦チーム附属人2時間52分23秒⑧松源陸上部A2時間59分4秒⑨IKORA~ず3時間2分2秒⑩PAL―MC3時間2分25秒