文化・暮らしのニュース一覧

朱と黒の伝統美 根来寺根来塗の作品展

和歌山県の伝統工芸「根来寺根来塗」の塗師で昨年12月に文化庁長官表彰を受けた岩出市の池ノ上辰山(しんざん)さん(60)と、直弟子の作品展「根来寺根来塗 宗家 池ノ上辰山展 根来の朱と黒―辰山と直弟子たち―」が8日まで、和 […]

続きを読む>>


子年に会いに来て お城のカピバラ「ふう」

「あけましておめでとうございまチュー!」――。和歌山県和歌山市の和歌山城公園動物園で、世界最大のネズミの仲間、カピバラの飼育を続けることが分かった。 同園のカピバラは3歳の雄の「ふう」君。干支(えと)の「子(ね)」にちな […]

続きを読む>>


暖かい令和の初日の出 天守閣の無料開放

和歌山県和歌山市の和歌山城で1日、元旦恒例の天守閣無料開放が午前6時から9時まで行われ、令和最初の初日の出を天守閣から眺めようと、2376人(大人2083人、子ども293人)が訪れた。 市内の1日の日の出は午前7時5分。 […]

続きを読む>>


野上八幡に絵馬奉納 海南高大成校舎と野上中

野上八幡宮(和歌山県紀美野町小畑、薮洋平宮司)に、来年のえと「子」にちなんだ絵馬2作品が奉納された。制作したのは海南高校大成校舎(同町動木)の美術部と書道部の生徒らと、野上中学校(同町下佐々)の科学美術部員ら。絵馬が掲げ […]

続きを読む>>


30年間の集大成 森さんフラメンコ記念公演

フラメンコアカデミア「ラ・ダンサアンダルシア」を主宰し、世界各地で活動するフラメンコ舞踊家の森久美子さんが22日、和歌山県和歌山市紀三井寺のデサフィナードで、30周年記念公演「ペーニャ・デ・和歌山『私のフラメンコ道』」を […]

続きを読む>>


しめ縄で迎春準備 お城の天守閣に飾り付け

 和歌山県和歌山市の和歌山城天守閣二の門に27日、新年準備のしめ縄飾りが飾り付けられた。  飾り付けは市民の幸福を祈願して1959年から毎年実施。長さ約2・2㍍、重さ約7㌔のしめ縄を職員らが3㍍50㌢の高さに取り付けた。 […]

続きを読む>>


山崎神社など三社参り 初詣サイクリング

 WCA県サイクリング協会主催の「初詣市民サイクリング」が来年1月12日に開かれる。和歌山県和歌山市の志摩神社、若宮八幡神社、岩出市の山崎神社を巡り、三社参りをする。  午前8時半から和歌山市の美園公園で受け付けし、9時 […]

続きを読む>>


青いネズミの親子 粉河高生が産土神社へ絵馬奉納

 和歌山県立粉河高校の美術部員が制作した巨大絵馬が完成。25日に同校で粉河産土神社(紀の川市粉河)の中山淑文宮司に贈呈した。  巨大絵馬は縦190㌢、横190㌢で重さ約30㌔。12年前から同校の生徒が巨大絵馬に干支を描い […]

続きを読む>>


茶会の収益を寄付 表千家同門会が和市に

 茶道の表千家同門会県支部は24日、「チャリティ茶会」の収益金の一部を和歌山市に寄付した。  チャリティ茶会は8日に和歌山県海南市の琴ノ浦温山荘園で開催。茶券は1枚1000円で販売し、その売り上げの一部10万円を寄付した […]

続きを読む>>


ベニーが仕事納め お城の動物園で冬眠

 和歌山公園動物園の園長、ツキノワグマのベニー(メス、推定年齢26歳)が23日、「仕事納め」をして冬眠に入った。  ベニーは体長推定約140㌢、体重約100㌔。2015年7月20日から園長を務めている。  冬眠中は飼育員 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧