海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

地域貢献さらに 岩出LCが結成30周年式典

 岩出ライオンズクラブ(LC、上田保富会長)の結成30周年記念式典が8日、和歌山県岩出市根来の旧県会議事堂(一乗閣)で開かれ、会員や行政関係者ら約100人で節目を祝い、さらなる地域貢献へ思いを確かめ合った。  岩出ライオ [...]

続きを読む>>


目に見えないものが大切 福勝寺の浦住職

弘法大師空海の開山と伝わり、本堂と鐘楼が重要文化財となっている和歌山県海南市下津町橘本の岩屋山金剛寿院福勝寺。住職として寺に入って5年を迎えた浦弘晴さん(45)は、開かれた仏教を目指し、特産のミカン栽培への参加やイベント [...]

続きを読む>>


フラメンコで根来伝説 和と洋融合の舞台

和歌山フラメンコ協会(森久美子会長)らによる公演「フラメンコでつづるねごろ伝説『住蛇(じゅうじゃ)が池』~琵琶の演奏とフラメンコを楽しむ~」が2日、和歌山県岩出市荊本の市民総合体育館小ホールで行われ、約450人が和楽器と [...]

続きを読む>>


呼び上げ地蔵を再現 津波の日に避難訓練

 「世界津波の日」の5日、和歌山県海南市井田地区の汐見峠で、江戸時代に住民を津波から救ったという「呼び上げ地蔵」の伝承を活用した避難訓練が行われた。住民ら約20人は、夕刻に起きた安政南海地震に合わせ、日が暮れて暗くなった [...]

続きを読む>>


山崎製パン社員も一緒に 麻生津地区運動会

和歌山県紀の川市麻生津地区の運動会が4日、麻生津小学校グラウンドであり、地域住民約350人に加え、同地区の活性化に取り組んでいる山崎製パン㈱の社員24人も参加し、住民と交流を深めた。 これまでは8月に開いていたが、27回 [...]

続きを読む>>


紀美野のイタドリを活用 ハーブ茶を開発中

 和歌山県紀美野町の豊かな自然を地域活性化に生かそうと、きみの山の恵み研究会(赤阪恵子代表)は、山菜のイタドリを栽培し、加工して商品化する取り組みを進めている。秋が開花期であることから、現在は花とハーブを組み合わせたブレ [...]

続きを読む>>


近大構内にドクターヘリ離着陸上 運用開始

 近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市西三谷)の駐車場の一部が県ドクターヘリの臨時離着陸場となり、運用を開始した10月29日、県立医科大学と那賀消防組合消防本部、同大の3者はデモンストレーション飛行などの合同訓練を行っ [...]

続きを読む>>


企業の災害備蓄推進 近畿JC海南市に提言

 地域の企業に災害への備えに取り組んでもらおうと、日本青年会議所(JC)近畿地区協議会(神澤正太郎会長)と海南青年会議所(小椋孝也理事長)は、和歌山県海南市に「災害用企業備蓄推進に関する提言書」を提出。災害時の従業員の安 [...]

続きを読む>>


海南ブランド29点認定 商議所が拡販を支援

 海南市特産品の商品価値を高め、地域経済の活性化を目指して海南商工会議所が取り組んでいる「海南こだわりブランド創出事業」で、2018年度の認定商品が決まり、新規17点、再認定12点に認定証が交付された。  伝統工芸の紀州 [...]

続きを読む>>


嫁入り時代行列華やか 青洲まつりに5000人

 世界で全身麻酔による初めて乳がん摘出手術に成功した医師・華岡青洲を顕彰する「青洲まつり2018」が28日、紀の川市の道の駅「青洲の里」をメイン会場に開かれた。秋晴れの下、華やかな時代行列や多彩なステージイベントが催され [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧