文化・暮らしのニュース一覧

県立図書館の上映会リニューアル

サプライズで映画に詳しいかよんさんも登場

 「映画文化を県民に広めよう」 。 和歌山市西高松の県立図書館文化情報センター (谷口義彦センター長) は5月30日、 これまで開いてきた上映会 「図書館映画会」 の趣向を変え、 新上映会 「ぶんじょう名画シネマサロン」 をスタートさせた。 谷口センター長 (52) は 「映画文化を大事にする人が集まり、 大きいスクリーン、 音響で、 映画の醍醐味 (だいごみ) を味わえる機会になれば」 と期待を寄せている。  名称は、 より文化情報センターを身近に感じてもらおうと略して 「ぶんじょう」 とし、 リラックスして映画を楽しんでもらおうと 「シネマサロン」 と命名した。  上映会は平成22年度に2回、 23年度に3回開催。 本年度からは映画を上映するだけでなく、 映画を愛する人たちが集まって感想などを語り合える場にと趣向を変えた。  会場のメディア・アート・ホールは200インチのスクリーンとホール用の音響設備が整っており、 本年度は春・夏・秋・冬の4回の開催を予定。 毎回100人超の来場者数の定着を目指す。  初回のこの日は約50人が巨匠フェデリコ・フェリーニ監督の出世作 「青春群像」 を鑑賞した。 来場者は懐かしいモノクロ映画の世界に酔いしれた。  上映後には、 バナナエフエムの番組 「Ci nematic flow」 でDjを務め、 映画音楽を届ける、 かよんさんがサプライズゲストとして登場。 かよんさんは今回上映した作品やフェリーニ監督自身の紹介を交えながら映画について語った。  初めて訪れたという和歌山市内の男性 (58) は 「映画館で扱わない作品に触れられて良かった。 多くの人に知ってもらいたいね」 と話していた。  次回は7月28日。 [...]

続きを読む>>


和歌山県水墨画協会が15年目の作品展

即興で描く小川会長

 県水墨画協会 (小川華瓣会長) は、 ことしで15周年を迎えた毎年恒例の作品展を和歌山市の市民会館で開いている。 3日まで。 市の友好都市・中国山東省の山東画院との日中交流作品展と、 同協会の有志が指導している市内の障害者施設の生徒らの作品展を併催。 初日の5月30日には15周年を記念し、 小川会長が来場者からリクエストを受けて即興で描く 「席画」 を披露した。 2日午後2時からも席画を行う。  同協会は平成9年に発足。 現在、 30~90代の約110人が所属している。  ことしは会員が約100点、 山東画院の会員が10点出品。 力強かったり、 優しいタッチの、 草花や国内外の景色を描いた作品が展示されている。 障害者施設 「綜成苑」 「綜愛苑」 「小倉園」 の通所者が色鉛筆やクレヨンで描いた作品約40点も並んでいる。  30日、 小川会長 (65) の席画を一目見ようと、 約100人が詰め掛けた。 水墨画歴45年の小川会長は、 これまでに披露した中で最も大きい360×160㌢の画仙紙に挑んだ。 来場者からは 「フジ」 「ヒマワリ」「龍」 などのリクエストが上がり、 同協会事務局長の元市議会議員、 寺井冨士さん (同) が司会を務め、 軽妙なトークで盛り上げた。  小川会長はおもむろに描き出し、 一本の筆と、 筆が11本連なってハケのようになった 「連筆」 を使って、 墨の濃淡を重ねた。 全体のバランスを見ながら、 筆の穂先を繊細に走らせたり、 大胆にたたき付ける小川会長の姿に、 来場者もじっくりと見入っていた。 朝日を表現しようと、 連筆を使って美しい半円を描いた瞬間、 来場者からは感嘆の声が上がった。  中国の伝説の神山・蓬莱山と、 [...]

続きを読む>>


和歌山県美術家協会が第50回記念展

見応えある作品に見入る来場者(洋画部門)

 県内最大の美術団体、県美術家協会(清水達三会長)の第50回記念展が23日、和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で始まった。洋画・日本画・書・写真・工芸・彫塑・華道の全7部門の作品340点が一堂に展示されている。27日まで。  毎回楽しみに見に来るという同市の男性(64)は「新しい方も以前からの方も、しっかりと自分の表現をしている。やっぱり見応えがあります」と見入っていた。  また同協会は50回を記念し、470人の会員の作品と顔写真をオールカラーで掲載した『第50回記念作品名鑑』 を作成。この日は記念祝賀会も開かれた。  清水会長(76)は「何物にも替え難い、私たちの和歌山県を、これからも慈しみ、発展させていかなければならない。その心のよりどころを担う責任を実感しております。皆さまの一層のお力添えを賜りながら、さらなる発展を目指します」と話している。  午前10時から午後5時。入場無料。

続きを読む>>


久保さん 『熊野のアリア』出版

「日常の出来事を、押し花するように」と久保さん

 短歌結社「水甕 (みずがめ)」 同人の久保みどりさん (71)=和歌山市吹上=が、 第一歌集『熊野のアリア』を㈱角川書店から出版した。 久保さんは 「私自身が忘れてしまえば跡形もなく消えてしまう日常の出来事を、 押し花をするように書き留めたものです」 とし、 「水甕」の春日真木子代表は「序」で、 「時に大胆、 時に闊達(かったつ)自在な人間表現…ゆたかな詠唱」 と言葉を寄せている。  久保さんは「水甕たちばな支社」代表、県歌人クラブ会員。 22年新春のNHK全国短歌大会では石田比呂志選者の特選にも選ばれた。 同歌集には平成4年の「水甕」入社以来20年の作品から382首を選び、テーマに沿って構成した。 タイトルは次の1首から。   古座峡の一枚岩に谺して 鳶のテノール熊野のアリア  「私は生粋の和歌山人」と語る久保さんは、藤白峠や和歌の浦、 たま電車などを詠む。春日代表は 「紀伊の国の豊かな風土と対峙」「感傷や情緒を排除して、 熊野の風土の上に自在に力強く思いを馳せている」 と評価する。 他、   動物園で河馬が一番心地 よげガバッと潜りバカッと 顔出す   独りきり地球に残りいる ような真昼垂りくる蜘蛛の 糸あり   うらうらと白き日傘に蝶 となるどこまでゆかん陽炎 のみち  など作品は多彩。 日常の歌には夫との別れなどもあるが、久保さんは「歌は孫への伝言です。 孫の記憶に残ることのない主人のことを伝えられたらという気持ち」と話し、 春日代表はじめ選者や歌友に感謝。「読まれた方々が 『分かりやすくて最後まで一気に読みました』 と言ってくださるのが一番うれしい」とほほ笑んでいる。 【歌集『熊野のアリア』】水甕叢書第八五一篇 発行・平成24年3月25日 著者・久保みどり 発行所・㈱角川書店263ページ 定価・2667円(扉絵は長女の伊藤和代さんが描いている)

続きを読む>>


御坊祭の獅子舞披露 390周年の和歌祭

春日組 獅子舞

 13日に和歌浦地区で行われる紀州東照宮の例大祭 「和歌祭」 に友情出演する御坊祭春日組の役員が9日、 東照宮を訪れ、 渡御行列の順番などの最終打ち合わせを行った。 春日組は獅子舞を披露することになっており、 和歌祭実行委側から渡御のルートや演舞ポイントなどの説明を受けた。 御坊祭の奉納行事が他の神社の例祭で披露されるのは初めてという。  御坊祭は、 毎年10月4、 5日に行われる同市小竹 (しの) 八幡神社の秋季例大祭。 中紀最大の祭りで、 市内の地区ごとに分かれた8つの組が獅子舞や踊りなどを奉納。 四つ太鼓と呼ばれる太鼓台が余興として演じられ、毎年約3万人の見物人でにぎわう。  春日組の獅子舞は、 黒と赤の雌雄2頭の獅子が同時に演舞するのが特徴。荒々しく舞う姿は見物人からも人気がある。  かねて渡御行列に獅子舞を復活させたいと願っていた和歌祭実行委側と、 御坊祭をもっと御坊日高地方の外にPRしたいという、 春日組の役員の思いが合致し、 先月初旬に合意。 通常、 御坊祭の獅子舞は祭りの前に練習を始めるが、 今回、 和歌祭参加が決まってからは春日組の担当者は急きょ、毎夜練習を重ねている。  和歌祭実行委の保井元吾委員長 (47)は 「両者の思いがいいタイミングで重なった。 渡御行列を盛り上げてもらい、 御坊からも多くの見物人に来ていただければ」 と期待。 春日組の屋台・獅子舞責任者の久堀幸喜さん (40) は 「息の合った2頭の荒々しい舞を見ていただきたい。頑張るのみです」 と意気込んでいる。

続きを読む>>


和歌祭の楽器など手作り 楠見中の和田さん

完成した 「二挺鉦」 を持つ和田さん。 右下は以前作った折りたたみ式太鼓台

 紀州東照宮 (和歌山市和歌浦西) の例祭 「和歌祭」 には、 大勢の縁の下の力持ちがいる。 同市楠見中の診療放射線技師・和田邦宏さん (54) もその一人だ。 和田さんは3年前から祭りに関わり始め、 道具などを手作り。 ことしは 「餅搗 (もちつき) 踊」 の 「二挺鉦 (にちょうがね)」 を制作した。 5月13日、 四十数年ぶりの復活となる餅搗歌のお囃子 (はやし) で初披露される。  「二挺鉦」は餅搗踊の囃子方が使う道具で、江戸時代後期の絵巻物にも描かれている。実物は、紀州東照宮を調査していた県立博物館が2年前に見つけたが、古くて使えず、同館に寄託されていた(現在、和歌山大学紀州経済史文化史研究所で展示中)。  そのため、餅搗歌の復活などに取り組んでいる県文化遺産課の蘇理剛志さん(35)が「器用な和田さんなら作れるのでは」と依頼。一緒に同館を訪れて実物の採寸などを行った。出来上がった「二挺鉦」は鉦の金色と枠の朱色が鮮やかで、合わせて作った「ばち」でたたくとかわいらしい響きがする。  太鼓が趣味だったことから同祭の唐舩(とうぶね)御船歌連に加わった和田さんだが、笛も作るなど以前からものづくりは得意。「『ばち』が傷んでいては、昔から伝わる貴重な太鼓も傷んでしまう」と、お船歌の太鼓と餅搗踊の太鼓の「ばち」も作った。  他、折りたたみ式太鼓台や担ぎ棒の支えづえも作って同宮に奉納。去年は唐舩を飾る鳳凰と龍の補修と塗り替えを行い、現在、鳳凰の翼を制作中という。  和田さんは「地元の方も、修理したり作ったりしています」と話し、「僕は裏方。使ってもらい、祭りのお手伝いができるのがうれしい」とほほ笑んでいる。

続きを読む>>


本紙記者が「百面」メークを体験 和歌祭

 5月13日に行われる紀州東照宮 (和歌山市和歌浦西)の大祭「和歌祭」 の練り物の見どころの一つに、 「百面」 と呼ばれる仮面を着けたにぎやかな一群があり、 百面に脅かされて泣いた子どもは元気に育つといわれている。 十数年前からは仮面を着けるだけではなく顔にペイントを施し、 怖さを倍増させている。 演者はどんなふうにメークをしているのか、 そしてなぜメークが必要なのか、 本紙記者が体験取材に挑んだ。  百面に詳しい、和歌祭実行委員会のメンバーで、 同市吉田の飲食店「雀けん庵」オーナーの菊池崇行さん(40)に話を聞いた。  もともと演者は仮面を顔に着けて練り歩いていたが、仮面を着けると前方が見えにくくなり、約4㌔の道のりを練り歩くのは困難だった。 ある時、演者は仮面を頭の上に乗せてみた。前方は見えるようになったが今度は子どもが怖がらなくなったため、メークをするようになったという。  使うのはリキッドのおしろいと、赤と黒の舞台演劇用の練りおしろい。 歌舞伎の隈(くま)取りを参考としている。  菊池さんはメークを始めたばかりの頃、インターネットなどで情報を集め、何度も練習。肌荒れしながらも年々技術は上達した。今では早ければ5分で仕上げられるという。  本紙記者も初体験。普段からメークには慣れていたが意外にも難しく、所要時間は33分。手本を見ながら挑戦したが、線を派手に入れ過ぎてしまった。初心者にありがちなミスらしい。鏡とにらめっこし、完成した自分の顔を見るといかにも子どもを泣かせられそうだった。  演者がメークをする理由は他にもある。見栄えが良くなることはもちろんだが、毎年どんな顔で登場するかを「楽しみにしてほしい」という願いがある。毎回違ったアレンジを加えて工夫を凝らし、観客に新鮮な喜びを感じてもらうのが一番の狙いなのである。

続きを読む>>


フォルテ周辺で「和歌祭大ならし」

子どもたちのかわいらしい踊りに通行人も足を止めた

 5月13日に和歌山市和歌浦周辺で開かれる紀州東照宮の例祭「和歌祭」を前に、同祭をPRする全体練習「和歌祭大ならし」が22日、同市本町の複合商業施設フォルテワジマ周辺で行われた。同市伝統文化活性化実行委員会が主催する同祭390周年記念イベントの一環。  和歌山城を背景に初めて和歌山公園で行う予定だったが、雨模様のため、同所7階とぶらくり丁アーケード街で実施。摺鉦(すりがね)や太鼓の音色、唐舩(とうぶね)御船歌連の朗々とした歌声が周辺に響いた。  演舞では、勇壮な雑賀踊や子どもたちによる団扇(うちわ)太鼓と餅花踊のかわいらしい踊り、薙刀(なぎなた)振の熟練の技が披露され、通行人や買い物客、商店の人らが大きな拍手を送った。

続きを読む>>


23日まで「和歌山洋画壇を担った画家たち展」

木下克己 「画室の一隅」 に見入る来場者

 草創期の和歌山洋画壇で活躍した3人の物故作家、 木下克己と齋田武夫と中村善種の作品を紹介する 「和歌山洋画壇を担った画家たち展Ⅱ」 が23日まで、 和歌山市湊通丁北のホテルアバローム紀の国ギャラリー龍門で開かれている。  「記憶に残したい、 功績を忘れてはならない画家たち」 と海南市の画廊ビュッフェファイヴが主催。 3人の展覧会は20年以上ぶり、 特に木下は約40年ぶりとあり、 初日から大勢でにぎわっている。  作品は、 木下の 「アヴィラの城壁」 「画室の一隅」 など10点と、 齋田の 「ハーバーの女たち」 「青い鳥」 など6点、 中村の 「雪景」 「プルレナ (スペイン)」 など20点。 他、 3氏と洋画グループ 「青甲会」 を結成したが、 若くして死去した楠本峻士の希少な2点も展示されている。  日本画を描いている同市茶屋町の鈴木國子さん (72) は、 「木下先生の色使いが大好きです。 『緑陰』 にはいろんな緑があって勉強になります」。 高校で木下に習ったという同市直川の森澤雅江さん (74) は 「先生の穏やかな心が出てらっしゃる」 と懐かしそうに見入っていた。  午前10時から午後6時 (最終日は午後4時)。 問い合わせは同ホテル (℡073・436・1200)。

続きを読む>>


国登録有形文化財に 料亭「がんこ六三園」

旧松井家別邸

 国の文化審議会(宮田亮平会長)は20日、全国で166件の建造物を新たに有形文化財に登録するよう文部科学大臣に答申した。 県内では和歌山市堀止西の旧松井家別邸(がんこ六三園)の10件。 これで県内の登録有形文化財(建造物)は56カ所、156件となる。  答申されたのは、 同別邸の主屋、 表門、 茶室、 北土蔵、 南土蔵、 給水塔、 浴室棟、 便所、 裏門、 土塀の10件。 建築年代は大正9年~大正後期。 同別邸は大正から昭和初期にかけて、 松井伊助(1865~1931)が造営したもの。 松井伊助は橋本市出身で、 大阪で相場師として成功した。  その後は資産家の尾藤家(詳細不明)の所有となり、 一時は米軍に接収されたが、 昭和27年に再び尾藤家の住居になった。 翌年には日本料理店 「六三園」 の名前で料亭として利用され、 平成17年に現在の 「がんこ六三園」 となった。  同別邸は落ち着いた和風建築の中に、 当時はやっていた洋風建築の意匠を大胆に取り入れており、 近代の邸宅らしさがある。 また料亭として活用するため一部改造はあるものの、 主要な部分は当初の形式を残しているため貴重という。  敷地の南側に庭園を築き、 北には庭園に面して中央に主屋、その北側に土蔵、 給水塔が建てられている。 敷地の周囲を土塀で囲い、 東面に表門、 南面には浴室棟と裏門を設けている。 庭園内には他、 茶室と便所がある。

続きを読む>>


サービス一覧