海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

九州の豪雨被災地を支援 紀の川市が募金箱

九州を襲った豪雨による被災地を支援しようと、和歌山県紀の川市は義援金の受け付けを始めた。市役所本庁舎1階市民課と各支所・出張所に募金箱を設置している。 期間は10月30日まで。市役所の他、那賀、粉河、桃山、貴志川の各支所 […]

続きを読む>>


地域ブランドPRへ まちづくり推進協が総会

里山の魅力や文化を継承し、活力あるまちづくりを進める紀美野町まちづくり推進協議会(北裕子会長)の総会が15日、同町の町役場美里支所で行われた。 同会は地元住民や町職員など66人で構成。「ブランドづくり」「美しい里づくり」 […]

続きを読む>>


安全に高齢者の送迎を 警察が事故防止啓発

介護福祉施設による高齢者送迎中の事故を防ごうと、岩出署は13日、和歌山県岩出市西国分の社会福祉法人皆楽園で啓発活動を行った。 6月10日に佐賀市内では介護施設の送迎車両が水路に転落し、乗っていた高齢者3人が死亡する事故が […]

続きを読む>>


高さ3.6メートル 海南中のヒマワリが成長

海南市立海南中学校(和歌山県海南市日方、熊代秀至校長)の正門そばに植えたヒマワリが成長し、高さ3・6㍍を超えて大きな花を咲かせている。 ヒマワリは昨年校内で植えた花から落ちた種子が発芽したもの。校内の畑や植物を整備してい […]

続きを読む>>


手話への理解深めて 紀の川市が動画を配信

手話についての理解を深めようと、和歌山県紀の川市はこのほど、手話動画の配信を市のホームページで開始した。 同市は2018年4月に「紀の川市広げようこころの輪手話言語条例」を制定。「手話が言語である」という認識に基づき施策 […]

続きを読む>>


紀の川の桃など打撃 暴風雨で9300万円被害

和歌山県は、3~7日の暴風雨による県内農林水産業の被害が、8日時点で9273万6000円に上ると発表した。被害状況は継続して調査中で、さらに増える可能性がある。 農産物などの被害は2043万6000円。出荷シーズンを迎え […]

続きを読む>>


甘酸っぱい香り パッションフルーツ収穫

和歌山県紀の川市桃山町調月のヨシムラファーム(吉村英樹社長)で、パッションフルーツの収穫が最盛期を迎え、従業員が赤紫色に熟した果実を一つずつ丁寧にもぎ取っている。 収獲後約1週間から10日かけ、追熟させると食べ頃になる。 […]

続きを読む>>


留置所に食事届けて70年 海南市の神﨑さん

現在の警察法が施行された7月1日に、警察業務に協力した個人や団体に感謝状、表彰状を贈る警察施行記念の表彰が和歌山県内14署で行われる。海南署では、70年近く警察署の留置場に食事を配達している日方の仕出店「登利久(とりひさ […]

続きを読む>>


桃大好き若手農家 桃山に移住4年の諸星さん

「桃マニアになりたい」――。4年前、大阪府高槻市から和歌山県紀の川市桃山町に移住した桃星農園(同町神田)の諸星勇佑さん(30)は、桃を愛し生産する若手農家。桃の本格シーズンを迎え、多くの人に「『あら川の桃』をもっと食べて […]

続きを読む>>


子ども信じ成長見守る 自由な学びの場「大地虹色」

不登校の子どもらを支援する日本食養協会「地球自然学校大地虹色」(和歌山県紀の川市桃山町調月)は、「子どもは自ら学び育つことができる」の考えを大切に、子どもの主体性と「食はいのち」とする食養の考えを重視して活動している。 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧