政治・経済のニュース一覧

島精機 新工場で横編み機4機種発表

島精機

 ㈱島精機製作所(本社=和歌山市坂田、島正博社長)は23日、無縫製ニットを作る「ホールガーメント横編み機」4機種を新たに発表。 本社敷地内の「ホールガーメント横編み機」のための新工場「FA(Factory Amenity […]

続きを読む>>


職員3000人体制実現へ 和歌山市人事異動

 和歌山市は23日、 4月1日付発令の平成24年度人事を発表した。 局長級の異動は8人 (うち昇任2人) で、 5年ぶりの配置となる市理事に森井均市長公室長が就任する。 異動規模は909人 (前年度884人)、 うち昇任 […]

続きを読む>>


24年の歴史に幕 近鉄会館のケンタッキー

 昨年9月末に一部を除き閉鎖した和歌山市友田町の近鉄会館1階で、 営業を続けてきた 「ケンタッキーフライドチキンJR和歌山駅前店」 が31日、 閉店する。 昭和63年から24年間、 JR和歌山駅前のにぎわい創出に貢献して […]

続きを読む>>


震災がれき受け入れを 和歌山市議会が議決

 和歌山市議会は22日、 東日本大震災の被災地のがれきを市が受け入れるよう求める決議を全会一致で可決した。 これを受けて大橋建一市長は 「最終処分場や放射能の基準などの諸問題が解決され次第、 市民の皆さんの安全・安心を第 […]

続きを読む>>


3年連続で全地点下落 和歌山県内地価

 平成24年1月1日現在の土地取引の基準となる地価が全国一斉に公示された。 県内は全地点 (選定替え3地点を除く174地点) の地価が3年連続で下落した。 住宅地、 商業地ともに、 平均変動率は21年連続でマイナスとなっ […]

続きを読む>>


松源の食・農の取り組み評価 三井住友銀

SMBC食・農評価融資

 三井住友銀行(國部毅頭取)は、県内を中心にスーパー36店舗を展開する㈱松源(本社=和歌山市田屋、 桑原一良社長)が良好な食・農に関する取り組みを実施していると評価し、 「SMBC食・農評価融資」 の実施を決定。 21日 […]

続きを読む>>


知事にがれき受け入れ要請 公明党県議団

 公明党県議団は16日、 仁坂吉伸知事に、 東日本大震災で発生したがれきを受け入れるよう要請した。  申し入れでは、 「被災地の方々の苦悩を思うと、 全国民の協力によるがれきの一日も早い処理が求められている」 とし、 政 […]

続きを読む>>


がれき受け入れの動き 和歌山市議会

 東日本大震災の被災地のがれきについて、 和歌山市での受け入れを求める動きが市議会で進んでいることが分かった。 この動きに対し、 受け入れに反対する市民らが15、 16日に市議会を訪れ、 陳情書15通を和田秀教議長宛てに […]

続きを読む>>


新名物へ 和歌浦の天然アサリの試食会

アサリ料理

 片男波干潟 (和歌山市和歌浦南) にネットを敷設して、 天然アサリの増減を調べる調査の成果報告会が13日、 同市雑賀崎のホテル太公望で開かれた。 行政や漁協の関係者ら約50人が参加。 専門家は 「片男波干潟には高い能力 […]

続きを読む>>


まだ3割の世帯に届かず 避難カード

 東日本大震災の発生を受け、 県民に最寄りの避難所を書き込んでもらおうと県が全世帯分43万枚作成した 「避難カード」。 市町村を通じて昨年7月から配布しているが、 8カ月が経過し、 まだ3割の世帯に行き届いていないことが […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧