【AR】の付いた記事はパソコンの画像にアプリをかざすと、
動画をご覧いただけます

ニュースのニュース一覧

特急くろしお南紀で減便へ 大阪方面は増便

 JR西日本は来年3月17日に行うダイヤ改正で、きのくに線の和歌山県の白浜―新宮間で利用客が減少しているとして、特急くろしお号を現在の7往復から6往復に減便する。県は15日、同社と協力して誘客キャンペーンを行うなど、利用 [...]

続きを読む>>


2年連続で減少 29年度上半期の消費者相談

 和歌山県消費生活センターは平成29年度上半期(4~9月)の消費者相談の状況をまとめ、相談件数は2549件(前年度同期比396件減)と2年連続で減少したことが分かった。上位を占めてきたウェブサイト関連、固定通信回線に関す [...]

続きを読む>>


新図書館の指定管理者決まる 和歌山市議会

 和歌山県の和歌山市議会12月定例会は最終日の15日、台風21号の災害復旧費1億9210万7000円を含む平成29年度一般会計補正予算案など43議案を原案通り可決して閉会した。  平成31年10月に南海和歌山市駅前への移 [...]

続きを読む>>


景気動向指数2カ月連続で最下位 県内11月

 帝国データバンク和歌山支店がまとめた11月の和歌山県内景気動向調査によると、企業の景況感を示す景気動向指数(DI)は前月比横ばいの41・1で、全国順位は2カ月連続で最下位だった。  規模別では、大企業は45・8(前月比 [...]

続きを読む>>


海南高校で国際交流 マレーシア中高生来校

 マレーシアの中高生27人が15日、和歌山県立海南高校(海南市大野中、河本好史校長)を訪れ、校内散策やダンスなどで国際交流を深めた。  県は国内外の教育旅行誘致を積極的に進めており、マレーシアからも過去3年間で18校が訪 [...]

続きを読む>>


伝統のしめ縄作り体験 川原小が地域住民と

 日本の伝統文化を学ぼうと、和歌山県紀の川市野上の市立川原小学校(津田知子校長)の4~6年生30人は15日、しめ縄作りに取り組んだ。  地域の有志でつくる川原げんき村協議会(服部憲昭会長)の会員6人が指導。同協議会は県の [...]

続きを読む>>


12月17日付

◆特急くろしお南紀で減便へ 大阪方面は増便 ◆2年連続で減少 29年度上半期の消費者相談 ◆新図書館の指定管理者決まる 和歌山市議会 ◆景気動向指数2カ月連続で最下位 県内11月 ◆海南高校で国際交流 マレーシア中高生来 [...]

続きを読む>>


全日本制しアジア杯へ デフバスケ誠family

 和歌山と大阪の聴覚障害者らでつくるデフバスケットボールチーム「誠family」が2、3日に愛知県で行われた「全日本デフバスケットボール選手権大会」で優勝。来年11月にオーストラリアのメルボルンで行われるアジア太平洋クラ [...]

続きを読む>>


女性刑務官と意見交換 上川法相が県内視察

 上川陽子法務大臣が14日に来県し、和歌山地方法務局や更生保護施設など法務省関連の県内施設を訪れた。各施設の協力体制や取り組みを視察し、和歌山市の和歌山刑務所では離職率の高さが指摘されている女性刑務官と直接意見交換し、職 [...]

続きを読む>>


大切な思いを届けて 年賀状の引き受け開始

 来年の年賀状の受け付けが15日、全国の郵便局で一斉に始まった。  和歌山県和歌山市一番丁の和歌山中央郵便局でも引き受け開始セレモニーが行われ、市立岡山幼稚園の園児たちが、家族に届けたい思いを年賀状に託した。  式典では [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧