文化・暮らしのニュース一覧

古民家でキルト作品展 4日まで蒲公英工房

和歌山県紀美野町奥佐々の蒲公英(たんぽぽ)工房で「第1回淡墨桜プチキルト展」が開かれ、同工房を主宰する黒田街子さん(65)や全国の弟子の作品を展示。来場者は作品と、同所で咲き誇る花の美しさに目を細めている。4日まで。 作 [...]

続きを読む>>


根来伝説フラメンコで 29日に旧県会議事堂

 和歌山フラメンコ協会(森久美子会長)による、和歌山の文化とフラメンコが融合した新しい舞台芸術「伝説ふらめんこ舞(まい)舞台」の第一弾「ねごろ伝説~住蛇(じゅうじゃ)が池~」が29日午後3時から、和歌山県岩出市根来の重要 [...]

続きを読む>>


小林観諷会が99周年 県文の能舞台で公演へ

 和歌山県和歌山市吹上の観世流能楽師・小林慶三さん(86)が主宰する小林観諷(かんぷう)会が創立99周年を迎え、1日午前10時半から午後4時半ごろまで、同市の県民文化会館小ホール能舞台で「謡(うたい)と舞の会」を開く。 [...]

続きを読む>>


4月から毎週火曜が休園に お城の動物園

 和歌山城内の和歌山公園動物園では、4月から毎週火曜日が休園となる。  ㈲ワールド牧場が管理運営事業者になり、動物とのふれあい体験にも取り組んでいくことから、動物たちの健康管理と老朽化した設備の修繕のために休園日を設ける [...]

続きを読む>>


鈴木三郎重家を描く能 300年ぶり上演

 和歌山県海南市藤白にルーツを持つ鈴木姓にちなんだ能『鈴木三郎重家』の公演が29日、東京都渋谷区の国立能楽堂であった。廃曲となり約300年上演されていなかった曲『語鈴木(かたりすずき)』を基に、東京のシテ方観世流能楽師の [...]

続きを読む>>


寂光院のふすま絵保全へ 専門家が連携調査

和歌山県和歌山市湊本町の市立博物館1階エントランスホールで4月1日まで、金地の豪華なふすま絵などが展示されている。同市松江中の天台宗寺院、寂光院が所蔵するもので、近く庫裏(くり)が取り壊されることに伴い、文化財に関わる県 [...]

続きを読む>>


神仏の縁起絵巻の世界 県立博物館企画展

 和歌山県内に伝わる、寺社の由緒や神仏の霊験あらたかな功徳を描いた「縁起絵巻」を紹介する企画展「きのくに縁起絵巻の世界―開かれる秘密の物語―」が4月15日まで、県立博物館(和歌山市吹上)で開かれている。自然景観が描かれた [...]

続きを読む>>


海のロマンの写真 由木さん宅ギャラリー

 和歌山県和歌山市岩橋の県立紀伊風土記の丘から程近く。資料館へ続く道沿いにあるのは、水曜日付連載「世界の海へ挑戦」を担当する写真家の由木毅さん(74)宅併設のアウトドアギャラリー。  ガレージを利用し、約1年前にオープン [...]

続きを読む>>


箏の演奏や短歌楽しむ 和歌の浦桜まつり

 「絶景の宝庫」として文化庁の日本遺産に認定された、和歌山県和歌山市の和歌の浦で31日、4月1日の両日、満開の桜とともにピアノや箏演奏、短歌などを楽しむ「第5回名勝和歌の浦桜まつり」が催される。メーン会場は玉津島神社と妹 [...]

続きを読む>>


動く「物語」を楽しむ 26日までアートのわ展

「子どもも大人も、障害のある人もない人も、アートのわ(輪)でつながろう」との思いを込めた展覧会「アートのわ展」が26日まで、和歌山県和歌山市の県民文化会館の中・小展示室で開かれている。 今回で11回目。同市のアトリエぽち [...]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

  • WAKAYAMA NEWS HARBOR

サービス一覧