社会のニュース一覧

コロナワクチン誤接種 HPV予防と勘違い

和歌山市は26日、市内の医療機関で24日、子宮頸がん予防のHPVワクチンを接種する予定だった10代の女子学生に、新型コロナウイルスワクチンを接種するミスがあったと発表した。 市によると、接種時、机の上にHPVワクチンと新 […]

続きを読む>>


食品ロス削減へ協定締結 オークワと県社協

米などの商品を提供することで食品ロスを削減し、生活に困難を抱える人を支援しようと、㈱オークワ(和歌山市中島、大桑弘嗣社長)と社会福祉法人県社会福祉協議会は23日、商品寄贈に関する協定を締結した。県内に本社を有する企業との […]

続きを読む>>


行方不明者発見 ベル号と田伏さんに感謝状

行方不明になっていた高齢女性を無事に発見したとして、和歌山東署は25日、嘱託警察犬のベル号(ラブラドルレトリバー、雌3歳)と、嘱託警察犬所有者および指導手の田伏和子さん(60)の功労をたたえ、感謝状を贈呈した。 同署によ […]

続きを読む>>


思い出ありがとう おもちゃ電車ラストラン

和歌山電鐵㈱(和歌山市伊太祈曽、小嶋光信社長)の「おもちゃ電車」は、「たま電車ミュージアム号」に生まれ変わるため、9月5日で運行を終了する。 「おもでん」と親しまれ、長く愛されてきた同電車は、2007年7月にデビュー。以 […]

続きを読む>>


4部門で埴輪王決まる 風土記の丘ハニワン

埴輪(はにわ)を手作りし、人気投票で〝埴輪王〟を決める、県立紀伊風土記の丘(和歌山市岩橋)主催の「第12回HANI―1(ハニワン)選手権」の王者が決まった。同施設で21日、エントリーのあった180点のオリジナル埴輪の中か […]

続きを読む>>


病床逼迫続く、予防を 那智勝浦で院内感染

和歌山県は24日、県内で幼児から90代の90人が新型コロナウイルスに感染し、那智勝浦町立温泉病院で院内感染が発生したと発表した。病床560床に対し入院患者は525人(うち重症21人)で、使用率は93・8%に達している。 […]

続きを読む>>


コロナ禍の生活困窮を支援 利用を呼び掛け

和歌山県民主医療機関連合会(県民医連)は、コロナ禍で生活が困窮している人が増えているとし、生活保護やフードバンク、なんでも相談会、無料低額診療の利用を呼び掛けている。 県民医連はコロナ禍における「いのちの電話相談」の事例 […]

続きを読む>>


夏休み31日まで延長 感染急拡大で県内学校

新型コロナウイルスの感染者急増を受け、和歌山県は24日、今週から順次始業式を迎える予定だった県立学校の夏休みを31日までとし、9月以降は分散登校やオンライン学習などの実施を検討すると発表した。公立小中学校の対応は各市町村 […]

続きを読む>>


夏休み延長決定受け 保護者から声さまざま

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた夏休みの延長決定に、児童や生徒の保護者からは、安堵(あんど)や戸惑いの声が相次いだ。 専業主婦で、和歌山市の小学校1年と3歳児の母親(37)は「始業式に合わせて宿題や生活などを準備して […]

続きを読む>>


9月から宿泊療養も 病床逼迫受け東横インで

新型コロナウイルスの感染者急増により、和歌山県内の病床が逼迫(ひっぱく)していることを受け、県は9月1日から、軽症者や無症状者を対象とする宿泊療養を、東横INN(イン)JR和歌山駅東口(和歌山市黒田)で開始する。 仁坂吉 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧