ニュースのニュース一覧

安原小卒業生ら/成人前にタイムカプセル開封

8年ぶりに集まった卒業生ら(高石さん提供)

 ことし成人を迎える和歌山市立安原小学校の卒業生約20人が3日、卒業記念に同校敷地内に埋めたタイムカプセルを掘り起こした。当時使っていた文房具などの他、20歳の自分に宛てた手紙や、母親から20歳のわが子に宛てた手紙もあり […]

続きを読む>>


環境変化にどう対応 ぶらくり丁が転換点

来年の新年はどのように迎えるか(ぶらくり丁)

 和歌山市の中心市街地、ぶらくり丁商店街が転換点に直面している。春には消費増税、郊外での大型商業施設オープンと、大きく外的環境が変化。また地元で賛否両論の議論が展開された、商店街内への場外馬券場の設置許可が国から下りた。 […]

続きを読む>>


インフル流行季に 和歌山県が注意呼び掛け

 県は9日、県内がインフルエンザの流行シーズンに入ったと発表した。  昨年12月16~22日に報告された患者数が、流行の目安となる1定点医療機関当たり1・00人を上回る1・39人となり、23~29日は1・48人とさらに増 […]

続きを読む>>


雛みかん出荷へ祈とう式 JAながみね

子どもの健康を祈願するメンバー

 JAながみね、生産者、海草振興局、市でつくる地域ブランド推進連絡会議(岡本芳樹会長)は10日、蔵出しミカンの個性化商品「雛みかん」の出荷に合わせ、地元の蔵夢(ドーム)選果場で子どもの健康を願う祈祷式を行った。  「雛み […]

続きを読む>>


1月11日付

◆元の立派な姿に 巨大クスノキ ◆安原小卒業生ら/成人前にタイムカプセル開封 ◆環境変化にどう対応 ぶらくり丁が転換点 ◆インフル流行季に 和歌山県が注意呼び掛け ◆雛みかん出荷へ祈とう式 JAながみね ◇ストーカー、D […]

続きを読む>>


えべっさん始まる 東の宮恵美須もにぎわい

福娘が次々と縁起飾りを販売

 各地のえびす神社で9日、商売人らが一年の商売繁盛などを願う3日間の「えべっさん」に突入した。  毎年10万人近くが訪れる和歌山市吉田の東の宮恵美須神社(総本宮・島根県美保神社)でも、宵戎に朝から多くの人が訪れ、にぎわっ […]

続きを読む>>


農業総研/及川CEO 「優れた起業家」和歌山から初選出

ファイナリストに選ばれた及川氏 

 優れた起業家を表彰する「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2013ジャパン」チャレンジング・スピリット部門のファイナリストに、和歌山市黒田の㈱農業総合研究所、代表取締役CEOの及川智正氏(39)が選ばれた。新日本有 […]

続きを読む>>


新人が2人目の名乗り 紀美野町議補、選挙戦突入へ

上柏氏

 21日告示、26日投開票の紀美野町議会議員補欠選挙(欠員1)で8日、新人男性が2人目となる名乗りを上げ、選挙戦突入が確定的となった。  新たに出馬を表明したのは毛原中496、農業の上柏睆亮(よしあき)氏(74)。大成高 […]

続きを読む>>


外国人観光客に英語で常駐対応 「わかやま旅案内所」

「和歌山のコンシェルジュになりたい」と話す豊田社長(左から2人目)とスタッフ

 和歌山市七番丁のモンティグレ(ダイワロイネットホテル和歌山)2階にある「わかやま旅案内所」が県内で初めて、日本政府観光局(JNTO)の「外国人観光案内所」カテゴリー2に認定された。英語で対応可能なスタッフが常駐し、訪れ […]

続きを読む>>


新春の一服楽しむ 「紅松庵」で初釜

ゆったりと茶を味わう出席者

 和歌山城紅葉渓庭園の茶室「紅松庵」で9日、初釜が行われ、紅松庵運営委員会(樫畑直尚会長)の委員や大橋建一和歌山市長らが初春の一服を楽しんだ。  紅松庵は、パナソニック創業者で和歌山市名誉市民の故松下幸之助氏が昭和48年 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧