文化・暮らしのニュース一覧

紀州高野組子細工の継承を 池田さんが作品展

江戸時代から続く「紀州高野組子細工」の七代目工芸師・池田秀峯(しゅうほう)さん(73)=橋本市=による展覧会が8日まで、和歌山県和歌山市本町のフォルテワジマ2階で開かれている。 ポスターを含め作品約20点を展示。組子細工 […]

続きを読む>>


女性の幸せを願って 淡嶋神社で雛流し神事

和歌山県和歌山市加太の淡嶋神社で3日、桃の節句恒例の伝統行事「雛(ひな)流し」が行われた。納められたひな人形は小舟に積まれ、参拝者が見守る中、海岸から放たれた。 同神社の祭神・少彦名命(すくなひこなのみこと)と息長足姫命 […]

続きを読む>>


紙のつるしびな揺れる 海南の春日神社で

和歌山県海南市大野中の春日神社(三上秀信宮司)で2月28日、同市井田のくるみ保育園の園児が手作りのひな人形の飾り付けをした。 市内に飾られたひな人形とまち歩きを楽しむ「紀州海南ひなめぐり」に合わせて毎年実施。同神社で配布 […]

続きを読む>>


セールや工場見学 松源の創業60周年企画

㈱松源(和歌山県和歌山市田屋、桑原太郎社長)はことしで創業60周年を迎えたことを記念し、来年2月20日まで「創業60周年祭」を実施する。 60周年のテーマに「いままでも、これからも皆さまの笑顔とともに。」を掲げ、一年を通 […]

続きを読む>>


大奥の発掘成果を展示中 わかやま歴史館

わかやま歴史館(和歌山県和歌山市一番丁)の冬の企画展「地下に眠る和歌山城二の丸大奥」が3月22日まで開かれている。 市は現在、紀州藩主の私邸、奥女中たちの生活の場であった和歌山城二の丸大奥跡の整備事業を進めている。大奥に […]

続きを読む>>


脳みそで感じるアート 信愛短大4人が絵画展

和歌山信愛女子短期大学(和歌山県和歌山市相坂)の学生4人が24日まで、同市のぶらくり丁内almo(アルモ)ギャラリーで絵画展を開いている。 「短大の絵画展~脳みそに健やかなエッセンスを~」と題した展覧会。出品しているのは […]

続きを読む>>


辻本さん尺八コンサート 6日県文小ホールで

和歌山県橋本市出身の尺八奏者、辻本好美さんのコンサートが3月6日午後1時半、7時からの2回、和歌山市小松原通の県民文化会館小ホールで開かれる。 辻本さんは、尺八奏者の父の影響で、県立橋本高校入学と同時に尺八を始め、東京藝 […]

続きを読む>>


ニャンとビッグな9.2㌔ 岩出市「ぐる」君

2月22日は「ニャンニャンニャン」の語呂合わせで「ネコの日」。岩出市岡田の山本家の「ぐる」(オス、9)は体長60㌢、9・2㌔という大柄にゃんこ。家族がSNSにさまざまな写真を投稿し、「かわいい」と話題になっている。 勇気 […]

続きを読む>>


全国入賞の文化活動 中高生が教育長に報告

文化部の全国大会で優秀な成績を収めた和歌山県内の生徒が14日、県庁南別館で宮﨑泉県教育長に入賞を報告した。 製図コンクールやぼうさい甲子園などで入賞した中高生12人が訪れ、教員と共に取り組みや成果を語った。 懇談では、生 […]

続きを読む>>


温かい思いを言葉に バレンタイン短歌表彰

紀伊万葉ネットワーク(村瀬憲夫会長)が主催する第4回「バレンタインにおくる短歌」の表彰式が11日、和歌山市紀三井寺の南コミュニティセンターであり、入賞者16人のうち出席した10人が表彰された。新元号「令和」の出典が『万葉 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧