社会のニュース一覧

持続可能な未来へ出発 パンダくろしお新車両

アドベンチャーワールド(白浜町)とJR西日本が共同開発したラッピング列車「パンダくろしお『サステナブルSmileトレイン』」が23日から運行する。 パンダくろしおは2017年から「パンダくろしお『Smileアドベンチャー […]

続きを読む>>


個性豊かな施設に期待 四季の郷リニューアル

和歌山市明王寺の四季の郷公園が市内初の道の駅「FOOD HUNTER PARK(フードハンターパーク)」としてリニューアルオープンし、18日に開業記念式典が行われた。 面積は25・5㌶、甲子園7個分の広大な敷地を持つ農業 […]

続きを読む>>


初のオンライン商談会 県内2社が大連と

新型コロナウイルスの世界的流行により、海外と行き来しての商談や展示会の開催が困難な状態が続く中、和歌山県内企業の販路開拓の動きを止めることなく推進しようと、日本貿易振興機構(ジェトロ)和歌山貿易情報センター(柴田哲男所長 […]

続きを読む>>


大阪での飲食控えて 感染拡大で仁坂知事

和歌山県内で新型コロナウイルスの新規感染者の確認が続き、大阪府内や首都圏で会食をしていた例が多くなっている事態を受け、仁坂吉伸知事は21日の定例記者会見で、「今は大阪や首都圏に飲食をしに行くのは感染リスクが高い。しばらく […]

続きを読む>>


新たに4人感染 県立学校の臨時休校解除

和歌山県は20日、県内の10~80代の4人が新たに新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。17日に生徒1人の感染が発表され、クラスメートや教職員ら約40人を検査していた和歌山市の県立高校については、全員の […]

続きを読む>>


さらに3人感染 味覚・嗅覚異常で勤務も

県は21日、岩出保健所管内の60代経営者の男性と10代の男性会社員、和歌山市内の30代市職員の女性の3人が新たに新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。 60代男性は、20日に感染が発表された男性の友人で […]

続きを読む>>


海南高の定時制廃止へ 県教委が意見募集

和歌山県教育委員会は生徒数が減少している県立海南高校定時制課程の生徒募集を2022年度から停止し、24年度末に廃止する案を発表した。8月13日まで県民から意見を募り、最終決定する。 県教委によると、同校の定時制課程は19 […]

続きを読む>>


大阪空港と和歌山駅結ぶ 直行バス運行開始

大阪空港、JR大阪駅と和歌山駅をつなぐ新たなバス「和歌山特急ニュースター号」の運行が18日から始まった。大阪バス㈱(大阪府東大阪市高井田中、西村信義代表取締役社長)と㈱クリスタル観光バス(和歌山県和歌山市吐前、古市啓悟代 […]

続きを読む>>


県外で感染の可能性 新型コロナ新たに2人 

和歌山県は18日、新たに和歌山市の20代女性と岩出保健所管内の20代女性が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。 同日夕方に会見した県福祉保健部の野㞍孝子技監によると、和歌山市の女性は17日に感染が確 […]

続きを読む>>


経産省の和泉氏迎え IoT・AIセミナー

県などが主催する「第3回イノベーション推進のためのIoT・AIセミナー~『2025年の崖』を克服するには~」が8月5日午後1時半から、和歌山県和歌山市のホテルアバローム紀の国2階で開かれる。 「2025年の崖」を提唱した […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧