海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

愛宕、西上君ら入賞 海南で小学生の税の習字展

 11月の「税を考える週間」(11~17日)にちなみ、海南・海草租税教育推進協議会(山越基博会長)は18日まで、和歌山県海南市のJR海南駅構内の市物産観光センター(かいぶつくん)で「小学生の税の習字展」を開いている。   […]

続きを読む>>


県勢3チームが健闘 ソフトボール交流大会

 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」のソフトボール交流大会は9日から紀の川市の3会場で行われ、60歳以上のシニア選手たちが熱戦を繰り広げた。  和歌山県勢は「南海ヤングクラブ」「いきいき和歌山」「和歌山南海クラブ」 […]

続きを読む>>


伝承で危機意識高める 地蔵堂で津波避難訓練

安政大地震で津波から人々を救った「呼び上げ地蔵」の伝承をもとにした避難訓練が5日、和歌山県海南市井田で行われた。 1854年11月5日午後5時ごろ、大地震が発生し、同市の日方地区には大津波が押し寄せた。夕闇の中、人々は汐 […]

続きを読む>>


新宮ゆかりの徐福 劇団KCMがミュージカル

 海南市を中心に活動する劇団KCM(東道代表)は、新宮市に渡来したとの伝承がある中国の徐福を題材にしたミュージカルを10日、海南市下津町の市民交流センターで公演する。万葉歌碑のある黒江地区周辺のウオーキングイベントと同日 […]

続きを読む>>


紀州漆器まつり盛況 3日まで黒江の川端通り

和歌山県海南市黒江の川端通り周辺で2日、「第31回紀州漆器まつり」があり、大勢の家族連れらでにぎわった。3日も開かれる。 伝統産業の紀州漆器を広く知ってもらおうと開催。産地問屋による紀州漆器の即売の他、地元で愛される黒江 […]

続きを読む>>


下鞆渕で落石 けが人なし、現在も通行止め

 15日午前10時半ごろ、和歌山県道かつらぎ桃山線の紀の川市下鞆渕地内で落石があり、現在も全面通行止めとなっている。16日から復旧作業が行われており、11月10日ごろ復旧の見込みとなっている。  那賀振興局建設部管理保全 […]

続きを読む>>


駅のベンチに温もり 那賀高生が座布団寄贈

 和歌山県立那賀高校(岩出市高塚)の生徒14人は29日、授業で製作した「刺し子座布団」を、同市高塚のJR岩出駅に寄贈した。  同校では教育目標の一つに「地域貢献する那高生」を掲げ、約10年前から「生活文化」の科目で製作を […]

続きを読む>>


加恵の嫁入りにうっとり 青洲まつり時代行列

世界で初めて全身麻酔による乳がん摘出手術に成功した和歌山県紀の川市出身の外科医・華岡青洲の偉業を後世に伝える「青洲まつり」が27日、同市西野山の道の駅「青洲の里」などで行われ、大勢の見物客らでにぎわった。 青洲の妻である […]

続きを読む>>


漆器まつりへ 組合青年部が記念品を制作

 海南市の紀州漆器協同組合(田村彰男専務理事)と同青年部(堺昭憲部長)は、11月2、3日に同市で開かれる「第31回紀州漆器まつり」に向けて記念品を作成。黒江の紀州漆器伝統産業会館「うるわし館」を作業場に部員15人が集まり […]

続きを読む>>


手話の音楽ステージ 下津高でKAZUKIさん

 海南市立海南下津高等学校(柳和希校長)は、聴覚障害があり、手話で講演や音楽表現に取り組むKAZUKIさん(31)を招いて人権学習会を実施。全校生徒約70人は、聞こえない人の不安感を思いやる大切さを学び、手話で盛大な拍手 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧